昨日は思わぬ事でTwitterスパムにはまり、フォロワーの皆さんにご迷惑をおかけしました。
フォロワーが約190人でTwitterとしては多くはないのですが、お知らせした方がよいとメールをいただきDmを夜に打たせていただき、びっくりした方もいると思います。すみません。励ましのメールまでたくさん頂き恐縮です。余裕なくご返事出来てないのですが、この場をかりて御礼申し上げます。ありがとうございました。
また私経由で2次被害にあわれた方は本当にすみませんでした。
今のところお一人? ほんとすみません。パスワード変更済とのことで安心しました。
ニュースサイトに関連記事がありましたの検索してみてください。
(直接リンクを貼ってはいけないみたいだから)
検索ワード 「Twitterで広がるスパムメール」
英文メールが来たら気をつけろということですね。あと、この英文から本家Twitterのログオンページそっくりのページに飛んでもアドレス打ち込んじゃいけません。ご注意下さいね(ま、みんな知っとるね)

パソコンのスパムメールはプロバイダーでフィルターがあり、さらにウイルス対策ソフトでかなり激減してるのですが、Twitterスパムは油断してました。

このスパムメールって、なんでこんな事やってるのだろう思ったら、ビジネスなんですね。何百万通送ると、そのうち何千通が引っかかり、さらにその数%の人が、その先にある物を買ってしまうという統計があるそうです。当然違法なんだと思うけどね。

スパムメール知らずに開けたら、思わずhappyになってしまうとか、せめてそういうの考えられないかねえ。人々を幸せにして、一人ほくそ笑むみたいな(笑)。
こういうのは難しいかね。
しかも、賞金とかつけずにこれやるにはそうとう知恵がいる。
震災の時、幸せのチェーンメールが廻ったそうだけど、それは笑いと勇気と励ましの文章だったけど、 無料無償で広告宣伝もなく回覧強要しないからいいのであって、広告付きや課金システムや賞金付メールだったらいやらしくなっちゃうもんなあ。
ヒーローの絶対条件は自己犠牲の精神だし、無償の愛が最も尊いものだとみんな知っているからね。
人のために何かをする、人の幸せを祈るっていうのは、お金に換算してはいけない行為であって、お金にするとビジネスになってしまう。ビジネス=交換取引だもんね。
そうすると色褪せちゃう。
でも世の中じゃこんな話はよく聞くね。

貴方を幸せにするためにこれを作りました!
これで貴方は幸せになります!
これを千円で買って下さい!
そうしたら貴方は今よりもっとも幸せになります!
ついでに私も儲かって幸せになります!(爆)
私は人類を幸せにするビジネスをしてます!

どこまでが本当でどこまでが嘘なんだか…。。。


そう考えると無償のhappy スパムはビジネスにはならないからやらないかね。
笑いのツボが違うのと同じように幸せのツボも違うしね。
でもそんなのたまにはあってもよかろうと思うけどね。

あ、これ見てやってみようとしないで下さいね。
本当の迷惑メールになると困るから(笑)

今回の事で一個賢くなりましたとさ。おしまい。
いやーこの一件でミューズのワークショップの記事が飛んじゃったね。参ったねどうも。