東京2020オリンピック・パラリンピック能楽祭 ~喜びを明日へ~パラリンピック期間 第一日の土蜘蛛に出演させていただきます。
東京2020オリンピック・パラリンピック能楽祭では、能楽界を上げての一大イベントです。
オリンピック期間に5公演
パラリンピック期間に2公演の予定で行われます。
昨年パラリンピック期間の公演が中止延期なっており、今年は無事に行われることでしょう。

オリンピック期間の5公演はもちろんですが、パラリンピック期間の2公演も是非ご来場ください。

今年は、光栄にも私も出演せていただき、九皐会からは、佐久間君が解説を勤め、私が頼光、永島充君が胡蝶、また後見、地謡にも、他家の諸先生とご一緒におなじみのメンバーが参加して頑張ります。

シテは、梅若研能会の加藤さんです。楽しみですね。


また、この土蜘蛛は、「ささがに」という、普段の公演で見れない、特別な面白い間狂言が入ります。

これ、茂山家の狂言で、昔関西で始めて見た時は地謡に居て、笑いをこらえるのが大変だった、なんとも楽しい間狂言です。

能楽が初めての方から、子供も大人も、全ての方が楽しめる舞台です。
是非ご来場くださいますようお願い申し上げます。
詳細は、能楽協会のホームページをご覧くださいませ。

公演番組のページへクリック!!