能楽夜ばなし

能楽師遠藤喜久の日常と能のお話

序の舞

上村松園展2 序の舞 菊慈童

昨日は定期公演の申し合わせ。リハーサルでして、若い人達に手伝って菊慈童の作り物に菊を仕立てておりました。能の舞台道具は、リアルな物ではなくて、可能な限り簡潔で簡素であります。菊のまがきをしつらえた藁家や台。
不思議な生命力を湛えた枕や慈童の住む園を、実に簡素な舞台道具で表現します。菊は本物を使う事もありますが、総じて生花でないものを使う事が多いです。こうした舞台道具は、直前に仕立て、終わるとすぐに壊してしまいます。
勿体無いようでもありますが、出来たてをお出しするのが、食の常識であります。どこか能にも通じたところがあります。何年と使っている道具でありますので、真新しくいわけではないのですが、一枚一枚葉を拭いてゆきますと、微かに息づいて参ります。一つ一つをリアルに、あらわにしすぎないことによって、全体との調和がとれることもあるのです。

作りながら松園展の話題になり、はや行った人もいて、それぞれの好みの作品があって楽しい。結局その日も、帰りにもう一度寄り道して観て参りました。絵の中の娘達に会いたかったということもありますが、さらに感じる所があり、凄いものだなと関心しきりでありました。
「青眉抄」という画伯の随筆集を買い求めましたが、作品への心情が書かれていて面白いのです。あの「序の舞」につても書かれておりました。(なるほど。それであの場面のあの姿なのか。そこを絵に切り取る感覚が凄い。ふむふむ。と自問自答の自己満足であります・笑)

11月3日の講座への申込がボツボツ来ておりますが、機会があれば、是非上村松園展を見てから参加されると更に興味が広がると思います。私もよいタイミングで行けまして。幸運でした。明日は父の舞台です。なんだか祖父に似てきました(笑)。

上村松園展 近代美術館

3eac2fb2.jpg
朝から特別公演の「花がたみ」の稽古に参加して、その足で近代美術館へ。
来月三日に、所沢の庭園での能楽講座があり、テーマは「序の舞」。お話と実演があり、かの有名な松園さんの「序の舞」も生で見たいなと思っていましたら、なんとタイムリーに特別展をやっているではありまっせんか!

フフフフ、朝からこんなに沢山の美人さん会えて幸せでした。もうこの世の者ではない可憐さ。本物は違います。全員連れて帰りたい(笑)
そして序の舞を舞うあの娘さんにも出会えました。

そのお話は、講座「序の舞」でね(笑)

特別公演の「花がたみ」の女性も描かれていて、魅入られてしまいました。

能楽の影響を受けたという画伯の絵に影響を受けた遠藤であります。
能楽愛好家には超オススメですので、お時間ある方は是非。出展数が多いので、少し時間に余裕があるといいですよ。
twitter
ギャラリー
  • 御礼 鎌倉能舞台 半蔀
  • 6月4日半蔀 はじとみ
  • 触れてみよう能楽の世界 鉄輪(かなわ)
  • ありがとうございます。
  • 所沢ミューズ能楽仕舞ワークショップ2017
  • 大仙市  石橋
  • 新発田城
  • 新発田城
  • 新発田城
  • 新発田城
  • 新発田城
  • 新発田城
  • 新発田城
  • 新発田城
  • 御礼りゆーとぴあ2
  • 御礼りゆーとぴあ
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ