能楽夜ばなし

能楽師遠藤喜久の日常と能のお話

仕舞

所沢ミューズ能楽仕舞ワークショップ2017


所沢ミューズワークショップの案内のショートムービーです。

今年も所沢ミューズで能楽仕舞ワークショップの募集が始まりました。
もうのべ600人以上の人と稽古を重ねてきました。
おかげで私も、構えや運びや型や発声の基礎を毎年毎年皆さんとみっちり稽古する事が出来ます。
若い方から、私よりも年配の方々まで、皆さんと心身を鍛えながら楽しく能について考えたり感じたりして行きたいと思います。
今年もよろしくお願い致します。

所沢MUSEワークショップ能楽仕舞ワークショップ締切間近

何度か紹介してきました、仕舞体験を通じて能の魅力を探る、所沢ミューズ恒例の仕舞ワークショップも成人の部は締め切り直前です。
8年目の今年も好評で定員に達したようですが、期日いっぱい追加募集をするそうです。
私にとっては30人も35人もそんなに変わらず、どのみち毎年私はクタクタになるまでやるので(笑)
内容、施設、期間、料金、そして講師(笑)ともに日本一を自負する折角のワークショップに是非ご参加くださいませ。楽しい夏をご一緒に過ごしましょう。小学生と青少年の部はまだ締め切りが先ですので、夏休みを調整して参加下さい。
中学生は、教科書に「羽衣」の謡いが載っていますので、子供達の部では、例年通り仕舞の他、謡もやりたいと企画を相談中です。
出来れば「羽衣」の東遊びを子供達と謡たりしたいなあ。最後までだとちょっと長いかなー。でも、子供達ってあっという間に暗記してしまうんですよね。楽しみです。沢山おの応募お待ちしてます。

ワークチラシ表1


能楽ワークショップ 所沢ミューズ

早いもので今年も夏の所沢ミューズの能楽ワークショップの応募が始まりました。
基礎の仕舞の型や謡の稽古を通じて、能を身近に感じたり、考えていただこうと始まった体験型能楽講座。
毎年好評を得て今年8年目に突入。今までに受講者のべ350名となり、私も指導しながら多くの事を学ばせていただいている思い入れのある講座です。
能の舞の基本的な型は大変シンプルですが、それ故のむずかしさと美しがあり、習字の一の字を書くような、一見簡単なようで、そこに多くが含まれる奥深さがあります。
台本によって描かれた世界が、この型と結びついた時に多くの表現を生み出します。
リアルな動きを持った演劇や舞踊やパントマイムなど、身体表現芸術は沢山ありますが、能の動きはもっともシンプルで説明的ではない動きかもしれません。
基本となる型の種類も少なく、それ故に覚えやすいといえば覚えやすいのですが、一つの無機的な型で多くの表情を生み出す多様性があり、そのシンプルな型を通じて台本に描かれた世界と繋がって行きます。
そこに能の型のもつ魅力があると私は考えています。

このワークショップでは、基礎の基礎の練習を通じで能の魅力に触れていただこうと考えています。
習字で云えば、楷書の一、二、三を書く練習に近いかな。しかし、実際は体を動かすわけですから、それなりの運動量があります。
その基本技術を使って簡単なお仕舞を完成させます。
また期間中に能に関する様々なレクチャーも時間の許す限りしております。
いわゆるお稽古事とはちょっと違う内容で、約2カ月間で完全に完結します。
所沢ミューズの担当者曰く、劇場の使命として多くの方が気軽に充実した体験出来るように考えているとのことであり、大変恵まれた環境で内容の濃い体験が出来ます。
能に興味がある方は、是非一度体験してみてください。
私のところに個人的に稽古を希望する方も、まずこの講座を勧めています。
また、稽古事として入門された方も、ここに入り直して基礎を学んだりする方もいるので、普通の稽古とは違う面白さがあるようですね。
毎年50人近い小学生から上は80歳位まで世代を問わず沢山の受講生が来ますので、学校のサマーキャンプみたいな感じです。
そんなわけで7月8月はこれに打ち込んでいますので、よろしければ是非。

過去の情報がここにあります。劇場ホームページ内⇒開催記録                   私のホームページにある昨年のミューズワークの項目⇒遠藤喜久ホームページ内
劇場申込み案内⇒チラシPDF
ワークチラシ表1

喜久謡会15周年記念 能 羽衣 他

表
早いもので、先代の師匠から頂いた名前をそのまま、社中の合同発表会の会名にさせて頂いてから、はや15年の歳月が経ちました。その間に、個人、団体、公共ワークショップなどで、少しでも能の体験や指導をさせていただいた方は千人を超えるのではないかと思います。
その中で、趣味として、教養として、あるいは稽古事として継続的に謡や仕舞を練習される個人やグループを指導させて頂いておりますが、その生え抜きの方々の合同発表会を、この度、喜久謡会創立15周年記念発表会と題して、国立能楽堂で開催させていただきます。
今年は震災もあり、開催を再考しましたが、私をふくめ、皆それを励みに、ここ数年は稽古に励んで準備をしてきましたので、予定通りに開催させていただくことに致しました。
今回は、時間の都合で、舞ばかりの番組になりました。仕舞、舞囃子、能と一日中休み無く舞台が続きます。
プロの能楽師が地謡を謡って、また演奏をして賛助出演して頂き、いわゆる素人衆が主役(シテ)を勤めて舞う舞台です。キャリア20年以上のベテランから初心者まで、賛助出演のプロの能楽師とアマチュアの出演者で総勢80人近い出演者になります。玄人の地謡を聞くだけでも、面白いと思います。
参加者一同、楽しく真剣に稽古に取り組んでいますので、玄人裸足の立派な舞台から、妙技、珍技まで、親しみ易い舞台が繰り広げられます。
当日は入場無料(撮影録音は禁止)ですので、どなた様でも、能や舞ごとに興味のある方は気軽にご来場下さいませ。能というと、また国立能楽堂というと、敷居の高いイメージがありますが、愛好会の会員発表会という形式なので、一般の方や他でお稽古などされている方のご来場も大丈夫ですので、お友達を誘って千駄ヶ谷に来てください。休憩はなく、一般公演のようにお客様におかまい出来ませんが、出入り自由、全席自由ですので気軽にプラリと数番の演目をのぞいて帰るもよし、一日腰を落ち着けてご覧になるもよしです。(運営上、当日の席の予約や確保は出来ません。まあ、大劇場ですから、満席になるという事は、ないのではと思いますが、席の問い合わせは受付ておりません。また、セキュリティの事から、貴重品のご持参はお控え下さい。)
玄人の公演とはひと味違う舞台がご覧になれるかもしれません。楽しみにして下さい。
能は、来年の教科書に載るという噂の「羽衣」です。面。装束の力も借りて、なかなか美しい舞台が出来そうです。今回のプログラムでは、舞囃子は、初心の中之舞の曲目が多いですね。ベテランの方は、プログラムの後半ですね。いずれも楽しみな番組なので期待しています。私は、最後の方に、仕舞で邯鄲の夢の舞を舞わさせて頂きます。能では子方の舞なので、なかなかやる事がないのですが、一度仕舞でやってみたかったのです。フフフ。
515-1裏dai




催し ゼロから始める謡曲仕舞 講座ほか 

涼しくなりましたね。
いよいよ秋です。秋といえば芸術と食欲。楽しい季節であります。

さていくつか催しのご案内をば。
その1
日頃能楽指導に行っております、練馬区の生涯学習団体に登録されております「練馬能楽謡曲仕舞之会」の主催で、秋恒例の
「ゼロから始める謡曲仕舞講座」が10月から3ヶ月間6回で始まります。「全くの初心者がゼロから謡いや仕舞を学べるように、簡単でわかりやすくお願いします」とのことで、お話や実技指導を交えての気軽に学べる講座です。
会場も区の施設ですので、堅苦しくなくてよいです。
気軽に担当の方にお問合せ下さい。詳細は→クリック!

その2
所沢航空公園内にあります庭園茶室「彩翔亭 さいしょうてい」にて恒例の
「茶室で親しむ能楽講座」を行います。
今回は年に一度の特別編でして、お天気がよければ途中から室外に移動して、夜の庭園をロウソクでライトアップして舞いの実演をご覧頂きます。
昨年は見事な満月の下、笛の演奏や序の舞をご覧いただけました。
得意の(笑)お話や、面、装束、笛についての着付けや解説、実演などで、能について様々な角度から触れて頂く講座。好評につき今回ではや9回目になります。雨天時の時は、そうれはそれで室内で身近に色々楽しんで頂く予定です。
秋の航空公園を少し散歩してから来られると、なお一層素敵な時間が過ごせると思います。大変アットホームな催しです。今回のテーマは序の舞にしようと思いますので、お楽しみに。
詳細は→クリック!

その3
2007年に初演しました新作能「リア王」
そうなのです。再演つぐ再演で、今回で再々々演です。
女流最高齢演者の足立禮子(重文総合指定演者)さんが、コーディリア姫を勤めるのが話題でありまして、このコーデェリアをシテにして能ならではの脚色がされていますが、なんといってもシェイクスピアの「リア王」の原作ですから、リア王役は当然重要であります。今回も私が勤めることになり、出ずっぱりで頑張ります。
会場は四谷にあります、紀尾井小ホールで、最近映画「大奥」のお仕事なんかでも活躍してます華道家の横井紅炎さんが舞台美術を受け持ちます(彼女のホームページに大奥の時の様子が出ていますね)。
その他、大鼓の大倉正之介さんが新メンバーに加わったりと、また前回とは一味違う舞台になりそうです。足立さんの体調により前回でフィナーレとの話もありましたが、今年も元気よ!(笑)ということで、アンコールに応えての公演です。公演日が12月で、まだ先の舞台ですが、席数が少ないので、よい席はどうぞお早めにお申込下さい。
詳細は→クリック!

ついでにホームページを少し更新しました。ふー。

twitter
ギャラリー
  • 御礼 鎌倉能舞台 半蔀
  • 6月4日半蔀 はじとみ
  • 触れてみよう能楽の世界 鉄輪(かなわ)
  • ありがとうございます。
  • 所沢ミューズ能楽仕舞ワークショップ2017
  • 大仙市  石橋
  • 新発田城
  • 新発田城
  • 新発田城
  • 新発田城
  • 新発田城
  • 新発田城
  • 新発田城
  • 新発田城
  • 御礼りゆーとぴあ2
  • 御礼りゆーとぴあ
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ