能楽夜ばなし

能楽師遠藤喜久の日常と能のお話

邯鄲

人間賛歌

kunisigekantan

邯鄲の写真届きました。
照明の当たり具合もあって微妙に色目が違いますが、
どちらも思った以上に鮮やかな色彩の装束。
私でも袖が短いのですが、良い物を着せていただきました。感謝。

あー、無理な話だけど、この取り合わせは客席から自分を観たかったな。
離見の見は、程遠し。

ありがとうございました。

上の写真は、
「喜びの歌を、歌おう夜もすがら♬」
と栄華を極め歓喜の声を上げる場面。

お囃子方の気合の掛け声とエネルギーが、後ろから風のようにブアッと身体を突き抜けていきました。

aibatakantan

夢醒めて

本日若竹能にて、能 邯鄲のシテを勤めさせていだきました。

五十年及ぶ栄耀栄華の壮大な夢でした。

楽しい時は一瞬で時が経ちました。

あっという間の五十年でした。

人生は夢 幻の如くなり。

きっとリアルな人生が終わった時も、悔いなく生きられれば同じような感慨を得るのでしょうね。

盧生と共に夢が醒め。
言葉ではうまく言えない悟りが私にもあって。

そしてまた明日から淡々と一歩一歩。

生まれ変わった気持ちで歩みたいと思います。

これは終りと再生の物語でもあるのかもしれませんね。


そんな事を思う今夜でした。


そして、

夢から醒めた今、

またこれも夢なのかもしれないと。。。。


ご来場。こ観能誠にありがとうございました。




盧生 夢の宴

さていよいよ明日は若竹能 葛城大和舞と仕舞五番、そして私がシテを勤めます邯鄲。

明日は福王流 下宝生流のおワキ方が、ずらり9名も出演致します。

そのうち6名は邯鄲のおワキ方。
邯鄲の能は、ワキ方の登場人物が大変多い能でもあるのです。
勅使やお輿の従臣。
皇帝の宴では、子方と共に臣下役のおワキが狩衣を着て位並んで、宴に華を添えます。
能としては、豪華な宴なのですね。

明日は、盧生と共に夢の宴を楽しんでいただけたらと思います。

当日券もございます。
一時開演で、私の出番は3時前後です。

明日はまさに夢のような時間を過ごすことでしょう。お楽しみに。








twitter
ギャラリー
  • 本年の九皐会巡回公演終了。お世話になりまして誠に有難うございました。
  • 本年の九皐会巡回公演終了。お世話になりまして誠に有難うございました。
  • 本年の九皐会巡回公演終了。お世話になりまして誠に有難うございました。
  • 本年の九皐会巡回公演終了。お世話になりまして誠に有難うございました。
  • 本年の九皐会巡回公演終了。お世話になりまして誠に有難うございました。
  • 今日は、長崎も寒かったです。
  • 佐世保に来ました。
  • 佐世保に来ました。
  • 再び西へ
  • 再び西へ
  • 再び西へ
  • 沖縄は夏の終わり
  • 沖縄は夏の終わり
  • 沖縄は夏の終わり
  • 沖縄は夏の終わり
  • 恋の舞
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

nohgakuhanabutai

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ