能楽夜ばなし

能楽師遠藤喜久の日常と能のお話

隅田川

隅田川見所解説1

さて公演も近づきましたので見所の解説と参りましょう。

隅田川は、能の世界のみならず古典芸能からオペラにいたるまで様々なジャンルで取り上げられた名曲ですが、最初に戯曲化したのが、世阿弥の息子、観世十郎元雅です。もう600年も話の事です。以来、もう数え切れないほど多くの能役者がこの舞台を勤めて来たわけで、完成された演出と台本が出来上がっています。
あとは、その日舞台に乗る演者次第というわけですね。観世流では九番習という扱いで、私もようやく演じる機会を得ました。
まあ、実際この役を演じるには、それなりの年齢にならないとピンと来ないという感じはあります。
なにせ誘拐された子供を母親が探すというストーリーですから、それなりの年にならないと臨場感がでないというのはありますね。
丁度、私の子供が、この曲の誘拐された子供(人商人という人身売買の男にかどわかされた子供)役を演じられるようになったので、今回初挑戦となったわけです。

私も37年位前に先代の観世喜之先生の子方(能の子役)をさせて頂きましたが、子供のことなんで、その時の舞台がどうだったかは判りませんが、とにかく一日、楽屋でも舞台でもじーっと大人しくしてないと駄目な雰囲気で、大人達はやたらに正座して挨拶をして、着物は着てるし、ぴりぴりしてるし、妙な緊張感がある世界だな。と思ったりしたのを憶えています。

それから40年近くたって、ようやく今回の上演ですから、なにか感慨深いものがあります。子方の謡う場面はほんのわずかなんですが、その謡の節(メロディー)がなかなか憶えられずに父を焦らせた思い出がありますが、今、全く同じことを自分の子供の間でやっていると、自分の方が覚えがよかったように思えたりしてやきもきしますね(笑)。今回、公式な舞台では親子初共演。父が後見を勤めますので、親子3代初共演ってことに、一応なりますか。まあ、やっている方としては、逆に神経を使いますが。

さて舞台は、はじめ例により幕内でお囃子のお調べという、オーケストラピットのチューニング的な音の調子を整える音が聞えて参ります。能の楽器の皮は、その日の湿度で直ぐに変化しますし、演奏中も調整しながら打ったりしますので、大変デリケートな楽器なのです。このお調べがすみ、お囃子と地謡が舞台に登場して、能が始まります。

はじめに塚が幕から出てきて、舞台真ん中後方に置かれます。
この塚が、物語のクライマックスの舞台背景になるのですが、「その場面のそれまでは舞台上にあるけど見えてない」という設定です。

能の舞台は、隅田川の川のリアルなセットや、荒涼とした川原のセットを舞台に持ち込みません。舞台の柱と屋根に仕切られた何もない空間で、その物語の世界を作り上げて行きます。
舞台セットを持つ歌舞伎や周り舞台の芝居のように、あとから出せない構造の舞台という理由もありますが、このはじめに塚が出ることで、観客の意識の底に塚の持つイメージが埋め込まれます。ですから、ここはまだ準備中で、舞台が始まっていないと思わずに、リラックスしながらもしっかり観てもらいたい場面です。

この曲に限らず、能の作り物はとても重要な意味があります。優れた後見が作り物を出されると、ピタッと意識が釘付けになりますね。
心理学的な研究をするわけでもなくそういうことが演出に自然と取り入れられているのが驚きです。

さてここから舞台に役者が出て物語が始まります。  続く

遠藤喜久の会 問い合わせ

隅田川見所解説1

さて公演も近づきましたので見所の解説と参りましょう。

隅田川は、能の世界のみならず古典芸能からオペラにいたるまで様々なジャンルで取り上げられた名曲ですが、最初に戯曲化したのが、世阿弥の息子、観世十郎元雅です。もう600年も話の事です。以来、もう数え切れないほど多くの能役者がこの舞台を勤めて来たわけで、完成された演出と台本が出来上がっています。
あとは、その日舞台に乗る演者次第というわけですね。観世流では九番習という扱いで、私もようやく演じる機会を得ました。
まあ、実際この役を演じるには、それなりの年齢にならないとピンと来ないという感じはあります。
なにせ誘拐された子供を母親が探すというストーリーですから、それなりの年にならないと臨場感がでないというのはありますね。
丁度、私の子供が、この曲の誘拐された子供(人商人という人身売買の男にかどわかされた子供)役を演じられるようになったので、今回初挑戦となったわけです。

私も37年位前に先代の観世喜之先生の子方(能の子役)をさせて頂きましたが、子供のことなんで、その時の舞台がどうだったかは判りませんが、とにかく一日、楽屋でも舞台でもじーっと大人しくしてないと駄目な雰囲気で、大人達はやたらに正座して挨拶をして、着物は着てるし、ぴりぴりしてるし、妙な緊張感がある世界だな。と思ったりしたのを憶えています。

それから40年近くたって、ようやく今回の上演ですから、なにか感慨深いものがあります。子方の謡う場面はほんのわずかなんですが、その謡の節(メロディー)がなかなか憶えられずに父を焦らせた思い出がありますが、今、全く同じことを自分の子供の間でやっていると、自分の方が覚えがよかったように思えたりしてやきもきしますね(笑)。今回、公式な舞台では親子初共演。父が後見を勤めますので、親子3代初共演ってことに、一応なりますか。まあ、やっている方としては、逆に神経を使いますが。

さて舞台は、はじめ例により幕内でお囃子のお調べという、オーケストラピットのチューニング的な音の調子を整える音が聞えて参ります。能の楽器の皮は、その日の湿度で直ぐに変化しますし、演奏中も調整しながら打ったりしますので、大変デリケートな楽器なのです。このお調べがすみ、お囃子と地謡が舞台に登場して、能が始まります。

はじめに塚が幕から出てきて、舞台真ん中後方に置かれます。
この塚が、物語のクライマックスの舞台背景になるのですが、「その場面のそれまでは舞台上にあるけど見えてない」という設定です。

能の舞台は、隅田川の川のリアルなセットや、荒涼とした川原のセットを舞台に持ち込みません。舞台の柱と屋根に仕切られた何もない空間で、その物語の世界を作り上げて行きます。
舞台セットを持つ歌舞伎や周り舞台の芝居のように、あとから出せない構造の舞台という理由もありますが、このはじめに塚が出ることで、観客の意識の底に塚の持つイメージが埋め込まれます。ですから、ここはまだ準備中で、舞台が始まっていないと思わずに、リラックスしながらもしっかり観てもらいたい場面です。

この曲に限らず、能の作り物はとても重要な意味があります。優れた後見が作り物を出されると、ピタッと意識が釘付けになりますね。
心理学的な研究をするわけでもなくそういうことが演出に自然と取り入れられているのが驚きです。

さてここから舞台に役者が出て物語が始まります。  続く

遠藤喜久の会 問い合わせ

合掌 木母寺(もくぼじ)

今日は東京隅田川の木母寺(もくぼじ)に、梅若縁起の取材と公演の挨拶に伺いました。

絵巻のお話を伺いました。お堂も絵巻も戦火をくぐった跡が残っているそうです。
梅若塚についてはいずれ特集しますので詳しくはそこで。

帰りにお坊様に梅若丸の母の塚にご案内頂き感謝感激。合掌。

木母寺では旧歴三月15日にちなみ毎年4月15日に梅若忌を執り行うそうです。
最近は芸道精進祈願のお参りの方も多いそうです。
私もお参りさせて頂きました。

皆様も芸道精進祈願をかねて一度是非訪ねて見てください。

一人で行くのはなぁ・・でも行ってみたいなあ・・・の方は、私と行きませんか?

今考えているのは、鐘ヶ淵→梅若橋→木母寺・梅若塚→隅田川神社→白鬚橋→妙亀塚(母の塚)→隅田川→業平橋→浅草 位のざっと90分から2時間の無理のない散歩コース。
古の伝説に思いを馳せながら、芸道精進を祈念しての散策です。

一人で参加する方も多く、参加者同士、特別気を遣うこともなく歩きますので、気軽に散歩気分で参加して下さい。

今回は私の{墨田川」公演とリンクしての講座なので、公演当日は公演の終了後もバックステージツアーとして、舞台後のほかほか状態で能楽堂をご案内しますね。

詳しくは→NHK文化センター
史跡めぐりと公演のA席団体割引券がセットになっています。
S/SS席へのグレードアップも出来ます。詳しくはお問合せ下さい。

合掌 木母寺(もくぼじ)

今日は東京隅田川の木母寺(もくぼじ)に、梅若縁起の取材と公演の挨拶に伺いました。

絵巻のお話を伺いました。お堂も絵巻も戦火をくぐった跡が残っているそうです。
梅若塚についてはいずれ特集しますので詳しくはそこで。

帰りにお坊様に梅若丸の母の塚にご案内頂き感謝感激。合掌。

木母寺では旧歴三月15日にちなみ毎年4月15日に梅若忌を執り行うそうです。
最近は芸道精進祈願のお参りの方も多いそうです。
私もお参りさせて頂きました。

皆様も芸道精進祈願をかねて一度是非訪ねて見てください。

一人で行くのはなぁ・・でも行ってみたいなあ・・・の方は、私と行きませんか?

今考えているのは、鐘ヶ淵→梅若橋→木母寺・梅若塚→隅田川神社→白鬚橋→妙亀塚(母の塚)→隅田川→業平橋→浅草 位のざっと90分から2時間の無理のない散歩コース。
古の伝説に思いを馳せながら、芸道精進を祈念しての散策です。

一人で参加する方も多く、参加者同士、特別気を遣うこともなく歩きますので、気軽に散歩気分で参加して下さい。

今回は私の{墨田川」公演とリンクしての講座なので、公演当日は公演の終了後もバックステージツアーとして、舞台後のほかほか状態で能楽堂をご案内しますね。

詳しくは→NHK文化センター
史跡めぐりと公演のA席団体割引券がセットになっています。
S/SS席へのグレードアップも出来ます。詳しくはお問合せ下さい。

隅田川

d8d44858.jpg
午後時間が出来たのでフラリと隅田川へ。言問橋の上流、梅若塚を散策。
続きを読む

隅田川

c94ab523.jpg
午後時間が出来たのでフラリと隅田川へ。言問橋の上流、梅若塚を散策。
続きを読む
twitter
ギャラリー
  • 六月九皐会主催公演の中止案内
  • ご無沙汰をしております本日の千手公演は中止です
  • 雑誌 観世4月号
  • 雑誌 観世4月号
  • 雑誌 観世4月号
  • 雑誌 観世4月号
  • 立て膝の話 
  • 立て膝の話 
  • 立て膝の話 
  • 3月16日申込受付開始 半蔀 立花供養 矢来能楽堂5月24日
  • 3月16日申込受付開始 半蔀 立花供養 矢来能楽堂5月24日
  • 3月16日申込受付開始 半蔀 立花供養 矢来能楽堂5月24日
  • 5月24日 生け花のある能 半蔀立花供養告知 盛久延期 更新
  • 5月24日 生け花のある能 半蔀立花供養告知 盛久延期 更新
  • 5月24日 生け花のある能 半蔀立花供養告知 盛久延期 更新
  • 現実逃避の力
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

nohgakuhanabutai

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ