能楽夜ばなし

能楽師遠藤喜久の日常と能のお話

日記

ちょっと一息

IMG_5896
秘曲、大曲続きのこのところの大きな公演も今日の奥川師の会でちょっと一息。

一昨日の中森さんの仲光と今日の弓流といい、どちらも密度の濃い舞台でした。
こういう演目は、主催者やシテの思い入れがよく伝わるもので、各演者の良い舞台を作ろうという気遣いが開演の数時間前から蜘蛛の巣のように楽屋や舞台に張って行く感じがします。
目に見えない気配りが能楽堂に張り巡らされていく感じです。
それこそ赤外線のように可視化出来たらその密度はかなりのもではないかと思いますが、それが能楽堂独特の緊張感になるのかなと思ったりします。
能は何と言っても、1日公演の一発勝負ですしね。

また、本日弓流は、おいそれとはやれぬ演目で、間語りも変わりますし、色々秘事の演出、型も入りますし、囃子の演奏やシテの扮装や後見のやり様もいつもと変わりますので、その舞台の緊張感もただならぬようだっかと思います。
私は後見で、今日は能の上演の4時間前から楽屋に入りまして、面、装束をシテと整え、細々シテや囃子方と打ち合わせをしてからの本番でした。
弓流しの後見は初めてではありませんが、何度やっても緊張いたしますね。
無事に終わりホッとしました。

今日は、個人の会では珍しく、最初に兄弟弟子の鈴木君、永島君と私で三人で仕舞を舞わせていただきました。
一応私の画像いただきましたので記録にアップしておきます。

さて明日からは、またあちこち稽古やら学校公演など秋シーズンに突入です。

10月の九皐月会定期公演は、大社おおやしろという、これまた大曲が出ますが、私が地謡を勤めますので是非お越しください。
また11月2日は、葛城のシテを鎌倉能舞台さんの能を知る会で勤めます。
12月6日は、矢来能楽堂ではじめて矢来という催しで、土蜘蛛も前シテ。
いずれもチケット発売中です。是非お越しください。

このところ体調管理は最重要課題で、お酒も少し控えるようになりました。
さてこれがいつまで続くやら(笑)
がんばりまーす。


文化庁学校公演スタート

今年も文化庁主催の学校公演がスタートしました。
今年も色々な団体が全国の学校公演に参加しますので、私もあちこちお手伝いに出勤する予定です。
今日は、皐風会チームに参加。
新潟県長岡市に来ました。
長岡市立阪之上小学校の体育館アリーナの特設ステージ。
兄が地元ということでシテをいただき勤めました。
台風一過の体育館は真夏日の様な暑さ。
少し朦朧とする程でしたが、無事に終了。

昨日は台風で東京のリハーサルが無くなったりと慌ただしかったですが、今週も休みなく元気に勤めたいと思います。

台東薪能40回記念公演

本日は台東薪能に出勤。
記念すべき40回だそうで、誠におめでとうございました。
私も30回位は出勤してるかも。
思い出多い公演です。
観世喜正師の神歌と石橋。そして、坂真太郎師の敦盛、山本家の末広とおめでたさと名曲が並びました。
今日は地歌、後見でフル出演。

そうそう今日はあいにくの雨で、会場が涼しい公会堂になりまして、設営の関係者にはご苦労なことでしたが、お客様にとりましては、途中で降られずかえってよかったのではないかと思った次第。

ともかくもお疲れ様でした。

あ、帰りに、この催しの創始者、故、真次郎師の手形を見ていけばよかったなあ。浅草公会堂前に沢山のスターの手形と一緒にあります。

あれれ

バカンスもなく9月になってしまいました。

月をまたいで週末はみなとみらいホールの催しのお手伝いと、本日は国立の能の会に出勤。
秘曲檜垣と安宅の披きという大曲二番でした。
檜垣は2時間超えましたねえ。
そして安宅は1時間半。
さすがに足が笑った。
ほんとに大曲でした。
気とエネルギーがほとばしりましたね。
お疲れ様でした。


夏の終わりに

IMG_5741
FullSizeRender
昨日は、矢来能楽堂にて喜久謡会社中の夏の練成会。
ゆたか会でした。
私が稽古に伺っている東京、埼玉の各稽古場からご参加いただき、賑やかな催しになりました。
今年の参加賞は私お手製の縁起物の厄払い団扇。
これで仰ぐと良い風が吹くのです。

稽古熱心な皆さんの大熱演で本日の練成会も大いに盛り上がりました。
私も番外で熊坂を勉強させていただきました。
FullSizeRender

関係者の皆様誠にありがとうございました。
ようやく夏の終わりが近づきましたね。


サントミユーゼ公演 安宅

IMG_5727

本日は上田市に来ていました。
サントミユーゼで大ホールでの安宅の公演の地謡に来ました。
夏休みで行きの新幹線も満席。
大ホールも満席。観世喜正師の安宅と野村萬斎師の狂言 蚊相撲でした。

軽井沢で降りたいなあと思いつつ。
明日は社中の練成会。
帰らねば。


第69回世阿弥供養祭能楽大会

佐渡に来ています。
毎年こちらで行われている世阿弥供養祭のお手伝いに来ました。
佐渡は、能舞台が多いのが有名ですが、江戸時代に金山が幕府直轄になった頃に能楽が盛んになったとか。
そしてその昔は、流聖、世阿弥さんが佐渡に流されたといういう話は有名です。
この催しも、佐渡や新潟県の謡曲連盟と地元の宝生流や観世流の愛好家の方々が実行委員会を主催して自ら演じて長年続けていらっしゃる催しです。
父や兄のお弟子様や関係者がご出演なので、今年は私も兄の手伝いに上がりました。
今回は、観世流は、お仕舞と、杜若の能をされるという事で、私は能の後見にお邪魔しました。
申合も昨日無事に終了し、本日はいよいよ本番。
正法寺ご住職による世阿弥供養の法要より催しがはじまりました。
正法寺さんは世阿弥の佐渡配所のひとつです。

IMG_5711

客席に世阿弥像と祭壇が整えられ関係者が参列。読経と焼香と続き、その後、世阿弥さんに見守られるように舞台が始まりました。
650年後の世界で自分の作品が上演されるって、どんな気分なのでしょうね。
喜んでいただけたらいいですね。

正法寺ご住職には、父をガイドに社中方々と佐渡能楽史跡の旅に訪れた時に大変ご親切にお世話になりまして、ご挨拶しながら当時を懐かしく思い出しました。


会場は、掘記念 金井能舞台という大変に立派な室内能楽堂です。
お客様も多く台風一過。真夏の陽射しの中、熱い舞台が繰り広げられました。
皆様の熱演のせいではないのでしょうが、ホントに暑い舞台になってしまったのでした。
なんと申合せ絶好調だった舞台と客席の空調がおかしくなり、楽屋から鏡の間に出ると、カナダからハワイに来たような温度差。
杜若のシテは着込みの上に出ずっぱりなので、途中でクラクラならないかヒヤヒヤしました。
横板に寛ぐ度に私が顎の汗を拭き、無事に終曲。
(出番前に何かあればすぐ合図するようにとは打合せていたので、様子を見ながら勤めていたのはいうまでもありません。)
戻って楽屋で地謡も囃子も汗だくで、皆ホッとして笑みがこぼれました。

関係者の皆様、誠にありがとうございました。
またおめでとうございました。
シテも暑い中ミスもなくよく勤められました。
一年半も稽古したと伺いましたが、全く心配のない舞台でした。重ねておめでとうございました。
お客様もさぞ暑かったでしょうね。ご苦労様でした。
私からも御礼申し上げます。

終わってみれば皆気持ちよく汗を流して減量大成功!
でも打ち上げで水分大補給で元どおり(笑)

昨夜はホテルのロビーで、鬼太鼓や佐渡おけさの実演とワークショップがあり、15分程佐渡おけさを習って認定書をいただきました。
以前来た時も習ったので、これで2枚目。
佐渡おけさは波ですね。波。そして風と稲穂。
などと知ったかぶりの私でした。

IMG_5699
IMG_5687
IMG_5693

そうそう今回は連日、畑に佇むトキを見ました。
そして帰り道、運転手さんにトキの居そうな道を走ってもらい、ついに鷺とトキ同時に遭遇。
FullSizeRender
左がトキ。右が鷺。

三匹が飛ぶのをしかと見ました。
見とれて決定的瞬間はシャッター切り損ねたですが。
いいもん見れました。

やっぱ佐渡はいいね。
おしまい。

8年前の記事がホームページにありました。
よろしければそちらもどうぞ。


所沢ミューズ能楽謡いワークショプ無事終了

本日は、先日からワークショプをしていました謡い講座の一般非公開の発表会と能楽講座。
関係者以外はいないのですが、それなりに服装を揃えまして発表会形式で大連吟。
皆さま伸び伸びと実に大きな声で歌っていました。
いやー、たった3回の練習で、一部分とはいえ2曲を朗々と歌うなんて、実にお見事。
しかも今回は、謡本もないのです。
言葉だけで、全部聞き覚え。
皆さんの音感の良さと記憶力に驚いちゃいました。

とても楽しく伸び伸びとした時間を過ごせて私も楽しかったです。

ご参加の皆様、ありがとうございました。

またお目にかかりましょう!



春到来

週末は、静岡県沼津でロウソク能公演、東京神楽坂で九皐会の定期公演、本日は神奈川県横浜市で鎌倉能舞台公演と三日続きました。
土蜘蛛、源氏供養、西行桜、経正、小袖曽我と並び、全曲、地謡と後見に入りました。
どの曲にも花があり見どころが様々あります。
喜之師匠の西行桜の花の精が現れると、ああ、春が来たなあと季節の到来を感じました。

今日の横浜能楽堂の楽屋口では、桜の花びらが舞っていて、超寒がりの私は暖かな風にちょっと嬉しくなりましたね。

そろそろダウンジャケットとおさらばです。



新年会

FullSizeRender



本日は、喜久謡会社中の新年会を神楽坂矢来能楽堂でさせていただきました。

社中のの謡い初め、舞い始め。
皆様ご熱演で幸先の良い一年となりました。
私も社中の方々に負けないように稽古に励みたいと思います。

お天気も良く、とても賑やかで楽しい一日となりました。
感謝。
twitter
ギャラリー
  • ちょっと一息
  • 大社おおやしろ
  • 夏の終わりに
  • 夏の終わりに
  • 夏の終わりに
  • サントミユーゼ公演 安宅
  • 第69回世阿弥供養祭能楽大会
  • 第69回世阿弥供養祭能楽大会
  • 第69回世阿弥供養祭能楽大会
  • 第69回世阿弥供養祭能楽大会
  • 第69回世阿弥供養祭能楽大会
  • 御礼九皐会
  • 諸国一見の能楽師 誕生寺
  • 諸国一見の能楽師 誕生寺
  • 諸国一見の能楽師 誕生寺
  • 諸国一見の能楽師 誕生寺
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

nohgakuhanabutai

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ