能楽夜ばなし

能楽師遠藤喜久の日常と能のお話

日記

完売御礼。第15回 触れてみよう能楽の世界

FullSizeRender

8月23日の所沢MUSEさんでの公演。
所沢MUSEさんのホームページに、はや完売御礼が出ました。
現状では、劇場利用の指針に則り、客席を半分に減らしての公演との事で定員が半分。今後の社会の動向で緩和されるかどうかとのお話でした。

客席半分とはいえ、今年は例年以上に早いタイミングでの完売で大変ありがたく思うと共に、身が引き締まる思いです。
チケットを早くからお求めいただいたお客様、本当にありがとうございました!
とても嬉しく元気をいただきました。

この催しは、能の前に私が、お話や解説で最初に舞台に上がるのですが、今、お客様の前に出たら嬉しくて泣いてしまうんじゃないかと。
想像するだけで震えます。

来月がら徐々に舞台が戻って来ますので、一つ一つ一生懸命勤めて参りたいと思います。
またどうぞよろしくお願い申し上げます。


再始動

いよいよ新宿神楽坂、矢来能楽堂・観世九皐会も7月から定期公演を再開いたします。

大変長らくお待たせ致しました。


関係者で協議を重ね以下の事が決まりました。


近年、九皐会の月例定期公演は、1日に能二番と狂言一番と仕舞数番という番組立てで行っておりましたが、コロナウイルス感染予防を考えて、公演形態が変更になります。


1日を二公演に分け、能一番狂言または、能仕舞という、2公演形式になります。


この一部と二部の間に、空気の入れ替えや消毒を行い、他の劇場で行われているような安全対策もして参ります。

チケットは、それぞれ別々にお求めいだけるようになりました。


また、客席は、その時々の劇場ガイドラインを参考に、当面は客席を半分に減らして、隣席は空け(*現在のところ)また、舞台上の三密も避けて、地謡の人数を減らし、演者同士の距離を取り、長大な作品などは、それに伴う演出変更も行いながら、安心してご覧いただける舞台を目指します。

詳しくは、矢来能楽堂の公式発表をご確認下さいませ。→矢来能楽ホームページ

席については、能楽堂に確認下さい。


矢来能楽堂では、長年ワークショップや若手の会なので、これに近い形態での上演は慣れているので、何ら問題なくスムーズに行えると感じています。


能は決まり事が多いように思われると思いますが、意外と柔軟な芸能で、野外でやったり、劇場でやったり、芝の上でやったり、お寺のお堂でやったり、座敷やスタジオでやったりと、どんなところでも場所さえあれば、いつもの能楽堂と変わらぬ上演が出来ます。


その特性を生かして、今までと変わらぬ舞台をお届けしたいと思います。


さて、七月の番組は九皐会ホームページをご覧いただきたいと思いますが、私は、第一部の能「千手」(センジユ)の重衡を仰せつかりました。

九皐会ホームページ7月番組リンク



五月に鎌倉能舞台さんの定期公演で舞う予定だった私の千手のシテが、コロナ禍で中止になり、残念に思っておりましたが、今回は長山耕三君のシテの相手を私が勤めさせていただきます。



今回、郢曲(エイギョク)という小書演出がつきます。クリサシクセの千手の舞を抜き、序の舞も変わりまして、台詞部分がメインになる演出。

重衡の独白より千手が登場する演出で、自ずと囚われの身の重衡の比重が少し重くなります。

上演時間は常よりも短くなりますので、今時期に相応しく、すっきりとご覧いただけると思います。


久しぶりの能楽。

再始動する舞台。

是非、矢来能楽堂へお越し下さい。

春休み

来週のシテの盛久の舞台が六月六日延期になり、今週は社中の稽古もなくなり、今日は矢来の蔵の片付けを皆でして、ぽっかりと春休みになりました。

こんなのは、震災以来です。

昨年、社中の幹事さんから、日頃私の休みが無さ過ぎるので、思い切って春頃にひと月社中の稽古を休んで、休息を取ってみたらどうですかと、ご提案を受けていたのですが。

私が稽古しないとみんなも思い切り鈍るからなー(笑)と。
結局休みは取らないことにしたのですけれど。
思いがけず、お休みをいただきました。

テレビをつけると不安なニュースは多いですが、呆け呆けと、うたた寝してるだけでも楽しくなってきました。
遊びには行けなくたって
いいね。短い春休み。

ようやく家の片付けが出来そうです。

でも皆様、
くれぐれも声と身体が鈍らないようにね。
1日一舞、一謡。

って、私のことか(笑)


春になれば、順延した公演も入ってきて、また当分休みが無くなりますからね。
ちょっとひとやすみ。と。


☆お知らせ☆
三月の九皐会定期公演は、コロナウイルスの感染拡大予防のため、延期となりました。

以下九皐会公式ホームページをご覧下さい。
観世九皐会ホームページ

身代わり参詣に感謝

IMG_6838



昨日は、以前このブログにも書きましたが、上野寛永寺の清水観音堂の年に一度の秘仏ご開帳の日。

毎年初午の日の1日だけ秘仏を公開しているという事で、なぜそれが初午の日かというと、この秘仏には伝承があり、来月三月九皐会定期公演で私がシテを勤めます盛久が、京都清水に納めたものが、その秘仏であるというものです。

盛久が由比ヶ浜で処刑になる時に、観音経の言葉にあるように
念彼観音力刀尋段段壊
と、奇跡が起きて盛久は助かったのが、牛の年、牛の日、牛の刻。
その時に盛久が納めた観音像が身代わりに倒れたと伝承にあります。それが巡り巡って上野に渡ったのご、その秘仏であるという伝承です。
それに因みご開帳は、年に一度の初午の日の法楽の日の1日だけ行われていまます。

昨日は、来月の舞台の前にそのお参りをとても楽しみにしておりましたが、急な諸事情で伺えなく残念に思っていました。

ところが同門の鈴木君が、身代わり観音様に、私の代わりに、身代わりのお参りをして来ましたよーと。お札やお守りもいただいて来て下さって。
感謝感激大感謝。さすが鈴木先生。
持つべきものは良き兄弟弟子。
というわけで、来月の舞台頑張らなくては。
心して臨みたいと思います。

しっかし、このところ観音経に親しんできたせいか、色々ご利益あるやうな気のするこの頃。
奇跡の力かも。ありがたや。

皆様にも御加護がありますように。


楽しい事を考えましょう

先週末は3公演ほどありまして、今週も学校公演など、3公演ほどあります。
一月もそこそこ忙しくしておりますが、やはり気になるのが新型ウイルス。
人混みに出ないわけにも行きませんから、こまめに水を飲んで菌を胃酸で溶かし(お医者さんがやる方法らしい)、マスクはもちろん、手洗い顔洗いにうがい。
それでも新型は強力らしいので、免疫力つけて、最後はやっぱり運かなあ。
免疫力上げるのには、楽しい事考えるのも一つの方法とか。本当かな。

楽しい事。。。。。
おー。楽しい事一杯思いつきますわ。
ここには書けませんが(笑)

新型ウイルスの対抗方法が、ニヤけて運頼みとは(笑)
街中の人がニヤけてたら。。。

皆様もお試しあれ。


喜久謡会社中 新年会

FullSizeRender

本日は東京の喜久謡会社中の新年会が、観世九皐会本拠地、神楽坂の矢来能楽堂でありました。
今年も皆様元気にご熱演でした。
2020年も皆さんと元気に舞い謡えることに、心より感謝です。
今年も健康に留意して一歩一歩精進して参りたいと思います。



#矢来能楽堂 で検索してね

FullSizeRender

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

この三連休、4公演と今年の新春公演もスタート。
土曜日は府中市民能で、観世喜正師と中森貫太師の鞍馬天狗の二公演の地謡。
日曜日は、九皐会で今年最初の定例公演。
これは私と一つ違いの鈴木啓吾君の一世一代の翁の披きで、私は観世喜之師匠と後見を勤めました。
彼が私の一年後に内弟子入門してきて、かれこれ三十五年近くになりましょうか。
同じ釜の飯を食べて修行し、家族以上に長い時を共に過ごし、ずっと一緒に舞台をやってきただけに後見座から感慨深く見守りました。
無事恙無く勤めを果たし、安堵。
おめでとうございました。

さて本日は、昨年からスターした矢来能楽堂の普及公演。
#はじめての矢来能楽堂

前回同様、公演終了後に写真撮影タイムがありました。皆さんスマホで熱心に撮影。
#矢来能楽堂
でも検索出来ます。
本日の公演直前の楽屋風景も矢来能楽堂からUPされてます。

本日のシテは観世喜正師。
羽衣の天女を演じました。
私は地謡で熱唱させていただきました。

この公演は解説と能一番だけのシンプルな催しで、はじめて能を見る方に気軽に能楽堂に来ていただこうという新しい試み。


次回は三月13日の夜19時
葵上 シテ 奥川恒治でお送りします。
お楽しみに。


今年は年明けから、はや三月の定期公演 盛久の通し稽古能もありまして、暮れから稽古に追われて正月休みもなく2020年がスタートしました。

今年は、
三月 盛久 矢来能楽堂定例公演
五月 千手 鎌倉能舞台 
   半蔀立花供養 遠藤喜久の会
八月 雷電 所沢ミューズ
十月 自然居士 矢来能楽堂定期公演
   碇潜   新潟能楽堂秋季公演

と、地謡や後見の出演以外にも、一般公演のシテ等の出演も多いので体調を整えて、年末まで走りきりたいと思います。

今年も当ブログを更新して参りますので、宜しくお願い申し上げます。




ダイエット成功。そして今年もありがとうございました。

秋あたりから時たま食事制限の事を書いてましたが、
夏の健康診断からお医者さんの言うことを聞いて真面目に食事制限と飲酒制限をしていたので、4ヶ月で6キロ程絞りまして、体が軽くなりました。

食べ過ぎ飲み過ぎを控えただけで、それほど特別なことはしてないのですが、夕食を夕方5時6時に取り、夜食はチーズひとかけとか、ミルク飲む程度で空腹時間を伸ばす。
高カロリーとプリン体、糖質の多い物には手を出さない。
野菜をとにかく食べる。
時折プロテインなども取り入れる。
など巷で良く言われていることを実践。

FullSizeRender

あとはとにかく自分の足で歩くようにする。
目標は1日9千歩。
ちょっとした数分間に軽いスクワットや腹筋する。

キッチリ守れたわけでもありませんが、もともと仕事柄カロリー消費量が多いので、大食とお酒を控えただけで順調に落ちました。
泣く泣くお酒のお誘いを何度断ったことか。

ウエストが10センチ細くなって、着る服に困ってます。着物も痩せるとやっぱり少しダブつくし、悩ましいところ。

ただ、ちょっと調子出して食べると1キロリバウンドするのは一瞬なので、今後は気をつけねば。

お医者様に「もう飲んでもいいでしょ?」と得意気に報告するも、調子に乗ったら元どおりだから、ずっと続けなさいとピシャリ注意されてしまった。。
年末年始に調子出して、せっかくの苦労を無駄にする人が多いそうな。

まさに自分の事か。
見抜かれてます。

ともかくも内臓が無駄に疲れないせいか体調も良く、今のところ風邪もひかず、何故だか前より寒さにも少し強くなり、もしかしてちょっと健康になってしまったかも。

というわけで、今年の年末、わりと調子いいよの報告でした。


FullSizeRender
三月の定期公演でシテを勤める盛久モリヒサの稽古が年明け早々にあるので、今年は謡いを謡いがら除夜の鐘を聞きそうです。


さて、今年も一年、当ブログをご覧いただきありがとうございました。
日々いろんなことが起こりますが、なんとか今年も無事に過ごせてよかった。
また応援してくださる皆様には心より御礼申し上ます。皆様のお陰で頑張れます。ありがとうございます。

今年は年末年始のupを控えますので、また明年も宜しくお願い申し上げます。
ではどうぞ良いお年を。



手帳小型化計画

年内の公演は終わりましたので、たまには息抜きに違った話題をば。

今日はストックしてあった文房具ネタをup。

文房具好きなんです。

仕事柄どこに行くにも持っていくのがスケジュール手帳。
なにせ年間かなりの催しがあるわけで、時には1日何カ所も移動して、次は何処、来週、来月、来年の公演や稽古は、ああしてこうしてと会話が飛び交うのでスケジュール表の入った手帳は我々の仕事でも、物凄く大事なのです。

今はもう、来年を飛び越して2021年の舞台の話とか始まっているので、とにかく手帳がないと打合せが始まらない。
最近は私らの業界でも、スマホアプリのカレンダーで先々の予定を確認する若い人が増えてきたけど、私はまだ紙の手帳派。
少しづつ目が悪くなり、小さい字が見えなくなってきたのに、何故だか手帳は、年々小さくなってきた。

若い頃はビジネスマンが持つような大きくて立派なシステム手帳に憧れたんだよね。
いかにも仕事してる様な気がして。

革の手帳が好きなのは間違いない。
なんと言っても丈夫で長持ちで、手触りが良い。
毎日使うものなので、選ぶのに凄く時間かけて気に入った物を長く使う。

大きいシステム手帳は、A4紙も入るし、なんでもファイル出来て便利で、長い事使ってきたけど、逆になんでも入れてしまって重たいというのが変更した理由。
徐々に荷物を軽く、身軽になりたいこの頃。
そうやってちょっとづつ手帳も小型化してきた。
以前使っていた大きい手帳達は、今は稽古場用で、外出時はなるだけ身軽に。


こうやって徐々になんでも手放して行けるといいのだけど、物欲だけは手放せなくて、特にステーショナリーは持っているだけで楽しいので、ついつい新しくてオシャレな小物やノートに出会うと釘付けになってしまう。

FullSizeRender


さて、来年はあれこれ悩んで超コンパクトなパスポートサイズの小型手帳を携帯用に導入。
こうやって一式収めて持ち歩くのが好きなんです。

その前はミニ6システム手帳を使ってたのだけど、さらに小型化。
それでノートタイプに変更。字が小さくなることを除けば、パスポートノートは薄くて軽くて使い易い。
IMG_6568
流行のトラベラーズノートやカレンダーを革の手帳カバーに入れて使う。
来年の子年の革のブックマーカーは自作の手製
自戒を込めて食べ過ぎチュー意の太っちよネズミ。

ボールペンは0.5の4色ボールペンを、フリクション0.38に芯を変えて、さらに自分でカスタムメイドしたボールペン。
手帳が小さくなると極細字が読み易い。
フリクションは、消せるから小型手帳の必需品。
小道具を作る材料の端切れで、持ち手に革と螺鈿と銀ジェルで細工。ちょっと変わった自分だけのペン。
FullSizeRender
細かい細工がまだだけど自分に丁度良い物はなかなかないので遊び心的には満足。
こういう作業は、小道具の修繕で手慣れたものです。

0.38のジェットストリームに芯替えした多色ペン入れも自作。
IMG_6539
自分で作ってみると、プロの職人の腕の良さがわかるようになる。
革の素材もそうだけど、下地作りから縫いと仕上げが全然違う。
やっぱり本職の高い売り物は出来が違いますな。
それがわかると楽しい。
とても勉強になります。
まあ自分流でも革が良ければ持ち味はいいので気に入っている。

そして長年愛用のメモpadと、それに合うstaedtlerの多色ボールペン。
すぐメモならないと全て忘却なので必需品。
FullSizeRender
これも中の芯は4c規格のジェットストリームの替芯に定番の交換。
このavant-gardeのボールペンに付いてくるケースは薄くて格好いいので筆箱としてとても重宝してます。

FullSizeRender
シャチハタの印鑑も短く加工済、
今はカラーの着せ替えが出来るんですよ。

IMG_20191215_102209
この縮小版の謡本もほぼパスポートサイズ。通称豆本。右の演者御用達の3年カレンダーは毎年更新。


FullSizeRender
フルセットをこれまた薄い型押しの牛革ステーショナリーバックに入れる。
これも自作。
入れるカバンサイズに合わせて、裁断→穴開け→縫い合わせ→コパ仕上げ程度の簡単な物。

このバッグは売り物のようにあれこれ手をかけてないので、逆にシンプルで軽くて使い易いのがgood 。
来年の手帳コンセプトは、軽く柔らかく。

秋からお医者様のご指導で食事制限減量の日々で、気分転換にレザークラフトはもってこいでした。一揃い作って満足しました。
体も軽くなって絶好調で言うことなしです。

ピッタリ着物カバンのサイドに収まり、手帳を出すのが楽しくて仕方ないのだけど、この小さな手帳のカレンダーに書いた字が、小さくてよく見えないのが唯一の落とし穴(笑)
FullSizeRender
で、専用のコンパクトレンズをネットで入手。
もはやこうなると意地ですね。
コンパクト過ぎて柄がないメガネを鼻に乗せて使う。
ちょっとfunnyなので、これ使うと場が和む。

こんなことやって楽しんでいると、あんたは高校生か!と突っ込まれますが、若い子がやるような事をやると脳科学的には若返るらしい。
(それでやってるわけじゃないけど)

八十、九十の演者が今も活躍出来るのも、実はその辺に秘密があるのかも。
若い頃に覚えた事をずっとやってるものね。
芸事は寿命長久の秘訣なのです。

さあ、準備万端、来年もスケジュール帳が埋まることを祈ろう。

好きなネタは、話が長い。
失礼しました。

能楽の良さをあらためて

広島、岡山と出張してきました。
文化庁主催の文化芸術による子供の育成事業で、実施団体の九皐会公演に出勤。
今年の夏くらいから事前レクチャーが始まり西日本を行ったり来たりと長期に渡る仕事でしたが、今年の巡回もようやく無事に完了。

思い返せば、たくさんの子供達と能楽を通じて触れ合うことの出来た楽しい公演の日々でした。
能楽は、演奏も演技も自らの肉体を長くし修練して、その声や体から発するエネルギーをぶつけて演じる芸能です。
室町時代に完成された芸能ですから、言葉も現代人には難解で、今とはかけ離れた世界観を描く事も多いですが、人間の本質的な部分は、今も昔もそう変わらず、また演者の発するエネルギーは子供達には大人達以上によく伝わっているように思います。

毎回、その手応えのようなものを感じていました。
子供達は、頭ではなく身体でそれを感じとってくれているようで、観客である子供達からもエネルギーをもらいます。
コンサートなどで、歌手や演奏者と観客が一体となるように、機械ではない我々生身の人間同士だから伝わる血の通った芸能の面白さがそこにはあります。
だからこそ長く続いて来れたのだろうと、原点に戻るような学びがありました。

長い歴史に揉まれながらも、より洗練されて今日の日本にそれが残る素晴らしさ。この国に生まれて良かったと思います。

来年もこの事業は続きます。
全国に多くの能楽師が出張します。
全ての学校に一度に行けるわけではないので、小中学生をお持ちの親御さんは、是非、学校の先生に、先生方は学校に、うちの子達にも見せたいと希望も出していただけたらと思います。
もし叶えば、きっと得難い経験になる事でしょう。
私からもお勧めさせていただきます。

今年出会った全ての関係者の皆様に感謝御礼申し上げます。ありがとうございました。





twitter
ギャラリー
  • 完売御礼。第15回 触れてみよう能楽の世界
  • 6月5日発売 第15回触れてみよう能楽の世界
  • 六月九皐会主催公演の中止案内
  • ご無沙汰をしております本日の千手公演は中止です
  • 雑誌 観世4月号
  • 雑誌 観世4月号
  • 雑誌 観世4月号
  • 雑誌 観世4月号
  • 立て膝の話 
  • 立て膝の話 
  • 立て膝の話 
  • 3月16日申込受付開始 半蔀 立花供養 矢来能楽堂5月24日
  • 3月16日申込受付開始 半蔀 立花供養 矢来能楽堂5月24日
  • 3月16日申込受付開始 半蔀 立花供養 矢来能楽堂5月24日
  • 5月24日 生け花のある能 半蔀立花供養告知 盛久延期 更新
  • 5月24日 生け花のある能 半蔀立花供養告知 盛久延期 更新
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

nohgakuhanabutai

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ