能楽夜ばなし

能楽師遠藤喜久の日常と能のお話

舞台こぼれ話

立て膝の話 

NHK大河ドラマの麒麟がくるの能楽シーンに、同門の坂君が出ているというので最近楽しみに観ています。
で、このドラマ、女性が座る時、立て膝をする演出なのでオヤと思いました。
なぜなら、室町時代より伝統を受け継ぐ能の世界に出てくる女性の座り方は、舞台上、この立て膝が一般的だからです。
能の世界ではごく普通の事ですが、あまりテレビでは見かけないので、ほーっ珍しいなと感心。
この立て膝は、折敷なんて言い方もします。


能に登場する役の座り方は、この片膝か、安座(あんざ)
安座というのは、現代のあぐらに少し形が似ていますが、お尻は床ではなく足の上に乗せます。

正座というのは、能の役の演技では、あまりないかな。極稀に膝を崩す型の時くらいでしょうか。

狂言の方ではありますね。

地謡方や後見、また床几から降りた囃子方は正座です。


また、この立て膝の座り方は、男性の役でも通常は立て膝です。
稀に安座になります。

今回のドラマ、当時の時代考証でそうしたとの記事を見ましたが、この座り方、実は15分も座ってると、とてもキツい。
姿勢を保つのも、足に体重がのるのも、結構筋肉に負担がかかります。
また、右足の甲に体重が乗るので人により豆やタコ出来たりします。
また、この立て膝にも、どっかりと座ったり、腰を浮かし気味に座ったりと、人により役により、やり方があります。

テレビを観ていると、女優さんが、長時間の撮影でそれなりに苦しいと思うけど、本番のシーンで、スッと立たれるので、さすがだなと思いました。
一年もやっていたら、能舞台でも格好良く座れるようになると思います。

家で試しにやってみるとわかるけど、姿よく30分座るのは大変。
特に女性の役は、膝を大きく割らずに座るので、筋力も必要です。
で、足が長い人の方が大変かも。
今の若い現代人向きとは言い難いです。

能では、ワキの役者さんが、この座り方が普通で、1時間以上座って、スッと立ったりすると、心の中で拍手です。
それ位キツい。装束の重さもありますから、かなりの負荷です。
ワキの役者さんは、片膝座りのプロなので、普通の正座の方が痺れるという人もいますね。

若い頃は、シテ(主役)のツレの役で、大曲になると1時間以上、じっと座って動かない役も多く。足や腰、背中の筋肉がバンバンに張って、また痺れた足でスッと立って帰るのが大変だったのを思い出します。
痺れてよろけようものなら、大恥なので、もうその瞬間は、気合(笑)

観る機会があったら、是非ご覧ください。

能楽は、はるか昔のこのドラマの時代以前から行われていて、今に受け継がれています。
その火を絶やさないようにしたいですね。

チラシfly2web

2020hajitomiuraQR5jp


本年5月24日(日曜日)に、神楽坂矢来能楽堂にて、第九回遠藤喜久の会を

「源氏物語 生け花のある能 半蔀 立花供養(はじとみりっかくよう)」と題して

催させていただきます。


公演は、まだ少し先ですが、どうぞご予定下さいませ。

本年は、亡き父、六郎の七回忌にあたり、また、母の一周忌と重なりましたので、
~亡き父母に捧ぐ~と、チラシにも入れさせていただきました。
他向けの舞台になればと思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。



*コロナウイルス等の国内事情により、変更が生じる場合は、

このブログ・ホームページにて、ご案内いたします。




チケットのお申込みは、

矢来能楽堂観世九皐会事務所 3月16日11時~

03‐3268‐7311(土日祝日休み 留守電有 夕方5時迄)

又は

矢来能楽堂ホームページサイトより申込

矢来チケット クリックjump!



又は

カンフェティチケットセンターより購入 3月16日11時~

Confetti[カンフェティ]

Confetti(カンフェティ)・・・お得な公演チケットサイト

WEB予約 http://confetti-web.com/ 電話予約 カンフェティチケットセンター 0120-240-540(受付時間 平日10:00~18:00)
≪WEB予約の注意事項≫

・ご予約前に、お得な公演チケットサイト「カンフェティ」への会員登録(無料)が必要となります。

・セブン-イレブンへの発券手数料がかかります。

≪電話予約の注意事項≫

・払込票番号を予約時にお伝えしますのでメモをご用意ください。

・お電話でのご予約の場合、会員登録は不要です。※カンフェティポイントは付きません。

・予約有効期間内に、払込票番号をお近くのセブン-イレブンのレジまでお持ちください。



今回、父の七回忌が5月でして、また、母の一周忌でもありまして、父母への手向けの気持ちで、半蔀・立花供養という特別な曲を、源氏物語を題材した作品の仕舞と合わせて企画公演の形で上演させていただきます。
華道家の横井先生とご一緒するのも、本当に久しぶり。15年ぶりかな。
その時は、劇中能という当時新しいスタイルの劇場公演で、大竹を50本以上使った壮大な花のオブジェの舞台美術に作ってくださった。父がこの時、玄宗皇帝役でご一緒しているのです。
「美しき夏の夜の幻」というタイトルでした。
hanamai0

その時に、横井先生が、いつか立花を生けたいとリクエストされて。
いやいやそんな特別な曲、父なら出来るかもしれませんが、私にはとても無理ですよと。
何十年もかかりますよと。
それが今回、こんな形で実現するとは。

この公演で、全編をストリーテラーの役で共演していただいたのが、今回ご出演予定の善竹十郎先生。
いろんなご縁と教えをいただいた公演でした。またご一緒出来て嬉しいです。





現実逃避の力

事務仕事が山積みになったり、本番が近づいて緊張して来ると、私の場合、決まって小道具をいじり出す。
舞台に使う物を作ってみたり、修理を始めるのだ。

そのお陰で極く稀に傑作が生まれる時もある。
先日アップした数珠は、もともと漂白された白房だったが、それを生成りの白と浅黄に染めた。

しかし、稽古をしながら姿見を見ると何となくしっくり来ない。
少し優しい色なのだ。

盛久ならば茶か紺か、はたまた紫か?
盛久の信仰心と覚悟と立場をそこに少し出せないものか。

しかしこの先の他の曲で使うこともあるし、当日の装束との取り合わせもあるので、どうしたものかと思っていたが、やはりもう少し濃い色が盛久には良いだろうと、現実逃避の始まりで色染めに再トライ。

自分の持物なので、こだわり出すと結構しつこい。
ちなみに正絹の房は、水につけてはいけないと房を買った時の注意書きが入っていたので、真似しないでね。

さて一発勝負。。
おお。なんかいい色に染まってしまった。。


気を良くして、稽古に使っいた派手な欝金地の経巻の裏地緞子もバラして染める。
おお。
これ本番用に行けるのかも。
経巻は本来紙巻だから、掛け軸のように裏地は地味な物なのだが、この曲の舞台用となると経巻を読む場面が見せ場となる。自然観客はその裏地を眺めることになる。そういうものだといわれればそれまでだが、霊験あらたかな観音経が何より大事なので、その経巻にも、もう一工夫あっても良いのではと思っていた。

数珠も、盛久の信仰心を象徴する持ち物で、装束念珠という、古い様式のものを、舞台用に待ち手を使い易くして使っている。これも演者により様々だ。

FullSizeRender
というわけで、今回は染色マスターに。

もとの黄色の緞子に紺を掛け合わせるとご覧の通り織部色に。それに細工して総裏の巻物の完成。
これに金泥で観音経を書きつければ、まさに本物の観音経経巻なわけだが、それは実際には書かない。
能に使う、文や書は基本無地のものを使う。
なので私だけが読めるように心に念写する。
稽古用にしては上手く出来たので、本番でも使うかもしれない。

それにしても、この現実逃避の集中力をもっと社会の為に役立てれば、少しは人様のお役に立てるのではないと思う時がある。が、なかなかそう都合よく発動しない。

まだ本番まで日があるので、結局どんな小道具や、装束を使うことになるのか。それも楽しみ。乞うご期待。

さあ道草し過ぎた。稽古稽古。汗。

このところ何処に行っても風邪とウイルスの猛威が気になるこの頃です。
病院に行くのさえ心配なこの頃。
咳一つで人が振り向くので、空咳も出来ない。

観世音菩薩様の念波観音力で、ウイルス退散を願うばかり。

観音様のお力を書き示したこの経文。

観世音菩薩普門品第二十五

是非ネットで翻訳をご検索下さい。
頼もしいですよ。
またYouTubeには、実際にお坊様が読経していたり、音楽になっていたり、身近に親しめる時代になりました。
ご参考までに。

三月のこの公演。まだチケットあるようです。
是非矢来能楽堂へお越し下さい。
この曲、能面をかけずに素顔で演じるので、それも一つの見どころかも。ちょっと現代劇のような感じに物語が進行します。

詳しくは観世九皐会ホームページへ。→九皐会


盛久 念珠

FullSizeRender

さて三月の定期公演での盛久に向けて、少しづつ緊張感が出て来ました。
頼んであった新しい数珠が出来上がって来たので、それに少し手を加えました。
まあ、本来数珠の玉数は、108とか、色々細かく決まっているわけですが、これは舞台用に多少略式にして色々使い易くしてあります。
玉を大きくすると108個では、二連にして持つ能の持ち方では、大きすぎるのですね。かと言って小さい玉だと女性的な感じになりますし、今回は少し大きめな玉で作りました。
房の色は、こちらの要望の色がなかなか手に入らないので生成りの白と、薄緑に染めました。
もう少し薄く染めたかったのだけど、発色が良すぎました。ま、房だけ変えることは出来るので、使ってみて様子を見ます、

結構演者の皆さんは、数珠持ちが多くて、マイ数珠を持ってる人多いです。
数珠マニア?
気にする人は、こういう仏具は色々あるので、稽古もあるし自分のがいいわけです。
うちにも祖父や父の使ったものや、私の作ったものなど、いくつかありますが、今回の少し大きい仕立てのは初めて。
今年は、10月公演の自然居士でも使えそう。
やはり本水晶と翡翠を使って職人さんが作ってますから、舞台用とはいえ全く本物であります。
これで観音経を唱えれば無敵。

というわけで、是非三月九皐会に実物をご覧にお出まし下さい。

何といっても、師匠喜之先生の吉野天人揃いがメインイベントにありますので、華やかな舞台をお楽しみいただけると思います。

チケット発売中です。詳しくは観世九皐会ホームページへ。



九皐会 納会

本日、10月の台風にて延期になっていた定期公演が神楽坂矢来能楽堂で行われ、ようやく納会の運びとなりました。
ご来場の皆様、ありがとうございました。

本日は九皐会の定期公演では初出となる出雲大神を描いた大曲、大社の地頭を勤めささていただき、9月の稽古能からの10月のリハーサル。そして台風による延期。約4ヶ月の懸案がようやく終わりホッとしました。

本日はすっきり1時間45分程度で収まりました。
初同の地謡が謡いだすと、ラストまでほば謡い放しになる地謡の分量の多い演目で、場面構成が沢山あり、場面場面をちょっとでも粘ると2時間超えもあるので、地謡の方は流れをかなり意識して謡いました。
本日は囃子方は、ずっと打ちっ放しで、大変だったと思います。
出囃子、真の次第から始まり、真の一声、クリ、サシ、クセ、ロンギ、そして中入来序。間狂言アシライがあり、後場は出端の出囃子から始まり大ノリを打放しで、天女ノ舞、楽、早笛、舞働と舞事のオンパレード。途中地謡は緩急がありますから山あり谷あり長大なジェットコースターのような演奏でした。
神能でありながらこういう曲はなかなかないですね。

今年は一月の翁に始まり、とても充実した一年の締めくくりとなりました。誠にありがとうございました。

今日は、10月から延期のなった公演ということで、お客様にお詫びと感謝を込めて、冒頭に喜正師の案内と解説、また猩々の連吟が付祝言として能終了の後に別に追加する形に行われ、終演後は玄関にて演者のお見送りをせていただいて、ささやかながらお礼を申し上げさせていただきました。
年末のお忙しい中に、公演にお越しいただき誠にありがとうございました。
心より感謝御礼申し上げます。

色々お世話になりました皆さま、ご来場頂いた皆さま、関係者の皆様。
今年も一年、ありがとうございました。



はや師走

東京に戻りまして週末は、茉莉会社中の記念発表会で五番程謡わせていただき、皆様大変ご立派にお勤めになり、こちらもほっとして嬉しくなりました。
おめでとうございました。

本日は、三曜会が国立であり、佐久間君、萬斎師が大活躍の1日で、こちらも仕舞の地謡、能の後見を勤めまして、無事に終わりほっとしました。
能の大会(だいえ).という曲の最近の演出は、狂言方が中盤の見せ場を作り、またシテは特別な面をかけ、早装束の変身などもあり、とても面白いのですが、その分裏の仕込みは大変でして、能としては目まぐるしく大掛かりな演出です。
能の場合、いわゆるスタッフというのはいませんから、後見をはじめ出演の演者同士で手伝って準備をしますので、そこに経験と知恵と伝承の技が色々あるわけですね。
これをお互い本番一発でバシッと決めてしまうところが能の良いところでもあります。
本日も無事に決まり無事終了。
お疲れ様でした。

はや師走。来週もまた舞台が連日続きまして、シテも二番あるので、まだまだ気を抜けません。

あ。本日朝、NHKFMラジオ放送
この間収録したラジオ。葛城と安達原。
どなたか聴いてましたでしょうか。

朝早いからね。。。

聴いて下さってたら嬉しいです。
ありがとうございます。


歌仙会

本日は、年一回の喜之一門の夏の稽古会。
通称歌仙会。
三六歌仙に因み、36番の演目をやるのが正式ですが、今年は半歌仙にて一門の舞囃子の番組が並びました。
客席は、師匠と一門と囃子方皆様だけという、玄人の目だけが光る、完全非公開の厳しい勉強会。
一番が終わっても、もちろん拍手などあるはずもなく、謡いはもちろん、舞の一挙手一投足に厳しい目が注がれます。
師匠先輩からご注意や指導があり、若い頃は随分ここで叱られながら学んだものです。

若い人だけでなく我々や先輩方にとっても緊張感のある舞台。

今年も多くの反省や教えをいただきました。

昨夜は渋滞の影響であまり寝てないので、どうなることかと思いましたが、緊張感がそれを上回りましたね。なんとかこちらは事故を起こさず終わりました。

さて明日は、午前中から航空公園彩翔亭にて所沢ミューズの能楽謡ワークショップの練習の最終日。
明日また朝から頑張って声を張り上げたいと思います。
出るかな〜声。


能楽師走る 平成三十年の九皐会納会 そして翁へ

早いもので今年の毎月の九皐会定例会も本日無事終了いたしました。
一年間、ご来場賜りました皆様、誠にありがとうこざいました。
今日は人数物の七騎落という曲で、喜之先生と喜正師、和歌さんの三代共演で、楽屋も賑やかでした。もう一番は健之介君の九皐会での初シテでした。
また将来能楽師を目指す若い子達も楽屋に働きに入るようななりまして、皆揉まれながら自然となじんで行くのだなと、自分の若い頃を思い出しました、

矢来能楽堂は、裏の楽屋の改修工事が明日から始まり、子供の頃から出入りし、内弟子で住み込んだ楽屋とも今日でお別れでした。
意外と感傷はなくて、次の未来が楽しみな自分でした。

納会が済みますと年内もカウントダウンに入りますが、今年はまだ学校公演が残っており、あちこちと飛び回ります。私はあと二番ほどシテを勤める予定です。最後まで頑張って行きたいと思います。


さて来年平成31年の九皐会定例の一月公演では、早いもので、いよいよ翁の太夫を勤めさせていただきます。

丁度30年前の昭和最後の正月。即ち平成元年正月の定例会は、昭和天皇御崩御の弔意を表し神歌法会の式となり、その千歳を勤めまして、翌平成二年の正月に師匠 観世喜之先生の翁の千歳役させていただきました。
あれからあっという間に30年経ったのだなと、しみじみ思います。

その後何度か千歳の役はさせていただくことになるのですが、平成五年に三度目の千歳の時、今度の鼓の頭取を勤め下さる鵜沢洋太郎さんが、その時の脇鼓で、頭取が人間国宝の鵜沢寿先生、もう一人の脇鼓が私の鼓の師匠でした鵜沢速雄先生でした。
鵜沢家三代の鼓で、その時お勤めいただいたのが印象深いです。

初めての千歳の時は、当時住み込み修行中でしたので、喜之先生に何度も稽古をつけていただき、また鵜沢先生が初役を心配してくださって、鼓の稽古の後に当時稽古場にされていた鐵仙会の稽古場で稽古をつけていただいたのが忘れられない思い出です。

速雄先生は恐ろしい程の裂帛の気合いで、間違えたら生きて帰れないような気がして、必死に叫んで舞っていたように記憶しています。
それを、たまたま事務所におられた先代の観世銕之丞先生が、おっ、何かやってるなと覗きに来られて、何も仰らずに、見て見ぬ振りをして微笑んで去られたのも懐かしい思い出です。
(その当時、父は鐡仙会の定期公演に伺っていたので、公演でご一緒させていただくことも多かったので今よりも交流がありました。)


当時を思い出すと、若い頃は口から心臓が出るような思いを何度もしましたが、今になれば良い勉強をさせていただいたなと思います。

あの頃の師匠方の年齢を自分が既に越したのだと思うと、己の未熟さに恥じ入るばかりですが、精一杯勤めを果たしたく思います。

数日前、洋太郎師に来ていただき、翁の稽古をさせて頂きましたが、30年前の緊張が蘇るような思いがしました。やはりこの曲は特別の中の特別なのだなと思った次第です。
無事に新春の舞台に出演し勤められる事を祈るばかりです。

どうぞよろしくお願い致します。

久しぶりの投稿で、長文になり失礼しました。

紫陽花

image

国立能楽堂の周りにはあじさいが沢山咲いていて、楽屋の中からもよく見えます。
舞台の合間に癒されます。

赤頭狐戴輪冠

image

ryoushi作

今日の学生鑑賞会は、ちょっと可愛い狐さん。
よく見ると、ぐらつき防止の細工あり。

皮にウルシに箔を乗せて作ると軽くて丈夫でしなやか。
これも皮らしい。

矢来能楽堂客席が新しくなって新春スタート

今年も一年が始動しました。
どうぞよろしくお願いします。

かねて当ブログでも話題にしておりました、一門の本拠地、矢来能楽堂が、年末の改修を経て、客席が新しく生まれ変わりました。
本日はそのお披露目の会があり、一門も正装にて参集しました。

実際に客席に座ってみると、赤い椅子がとてもシックな装いで実に素敵になりました。
これもひとえに、多大なるご後援、ご寄付をいただいた多くのお客様のお陰です。
皆様お一人お一人のお力添えのお陰で、素敵な客席になりました。

今日は披露会の後、長いこと皆で客席に座って、ずっと誰もいない舞台を眺めていましたが、
座り心地もよくて、ここで能がゆっくり見れたら幸せだろうなと、
この登録文化財に指定された古くて新しい舞台が、今更ながら愛おしく思えました。

皆さんのお力によって、まさに皆さんの能楽堂になった気がいたしました。
感謝でです。
今度の椅子には、椅子の背中に能楽の詞章プレートがついたのですが、これもご寄附の方々のお陰。
素敵な能楽堂にしていただいて本当にありがとうございます。

今週末日曜日より、いよいよ今年の定期公演が始まります。
新しい客席は、是非その目で直にお確かめください。



また、私が「邯鄲」のシテを勤めさせていただく矢来能楽堂、若竹能公演(2月28日)もチケット発売になりました。
是非、この新しい客席から見ていただけたらと思います。
頑張らねば。何卒宜しくお願いします。


image

子供の頃、客席を走り回っていた兄と感慨深くツーショット。





twitter
ギャラリー
  • 完売御礼。第15回 触れてみよう能楽の世界
  • 6月5日発売 第15回触れてみよう能楽の世界
  • 六月九皐会主催公演の中止案内
  • ご無沙汰をしております本日の千手公演は中止です
  • 雑誌 観世4月号
  • 雑誌 観世4月号
  • 雑誌 観世4月号
  • 雑誌 観世4月号
  • 立て膝の話 
  • 立て膝の話 
  • 立て膝の話 
  • 3月16日申込受付開始 半蔀 立花供養 矢来能楽堂5月24日
  • 3月16日申込受付開始 半蔀 立花供養 矢来能楽堂5月24日
  • 3月16日申込受付開始 半蔀 立花供養 矢来能楽堂5月24日
  • 5月24日 生け花のある能 半蔀立花供養告知 盛久延期 更新
  • 5月24日 生け花のある能 半蔀立花供養告知 盛久延期 更新
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

nohgakuhanabutai

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ