能楽夜ばなし

能楽師遠藤喜久の日常と能のお話

公演情報/告知

六条御息所夢幻

昨夜高知公演から無事戻りました。
台風直撃コースに入り、行きはなんと一日9時間かけて大廻りして高知入りでした。
弘田師の羽衣の地謡と喜正師の安宅の後見に入りました。
安宅はやはり大曲ですね。
道具や持ち物も多く、役の人数も多く、出入りも多いので、全ての役の人が神経を使います。
矢来の家は、安宅の上演がとても多いので、私もシテ方の全部の役をひと通りささてもらったので、それなりに慣れてはいますが、それでも毎度緊張致します。
舞台は生ものなので、ほんの細かな道具の扱いや装束のこと、わずかな間合いや数ミリのズレが気になるものですし、思わぬところで影響が出るで、気をつけながら勤めます。
高知県立美術館能楽堂は大変立派な素晴らしい舞台で見応えがあります。
皆々励み、弁慶も無事に安宅の関を抜けました。

さて東京に戻り本日は、今度私が出演する朗読コラボの御息所夢幻の下申合。声明と囃子方とキャストも揃っての通し稽古。
八年位前に一度板橋の安養院という大きなお寺さん主催で上演した作品を、今回朗読家の飯島晶子さんが練り直しての上演です。
私は能の装束をつけた六条の姿。葵上の生き霊の六条と野宮の優雅な六条の姿で朗読劇に出演します。
能のお囃子ではなく、声明や朗読劇の囃子方の音楽の中に入ります。

今日は安養院さん本堂での下稽古。
私はそれほど能の型と違うことはしないのですが、真言宗の声明と舞の型はよく合います。
いや合わせてくださっているのか(笑)

そこに石山裕雅さんの笛が入ります。
もう石山さんの笛はとにかく凄くて、なんでも吹けてしまうのです。朗読の音楽も吹くので何種類も笛をお持ちになり自由自在。もちろん能管も。
今回は、せっかくなので能管を使っても能に寄せすぎない感じが出ればとご相談しました。
でも能管を使うとやはり能のようになるのですね、不思議と。全く違うと私も舞えないし。結構難題のようですが、能囃子とはまた少し違う不思議な感覚です。
石山さんは、稀なる笛の才人ですが、四百年続く武州里神楽の十代目家元の太夫です。なので舞えて囃せるスーパープレーヤーなのです。能の稽古もしてらしたので、舞の型もわかるのでそこに合わせていただく感じです。
今回は演奏のみの出演です。


そしてそこに入る声明の声で舞うのは、癖になる程心地よいのです。
まさに荘厳。
今日は特に本堂でしたから、ホンマもんのお坊様方の真言声明で、もう別世界に連れていかれる感じです。
FullSizeRender
飯島晶子さんの源氏物語の朗読を聞かながら、あれこれ想像していると能のキャラクターが出てくる。そんな作品に仕上がってます。

紀尾井ホールは客席の入場人数制限をしての公演で、安心して静かに見れる公演です。
まだお席があるそうなので、是非、朗読と声明、そして能姿の鬼と美しい六条御息所を見に来てください。
宜しくお願い致します。IMG_0571
IMG_0572






兼平終了。九皐会別会四月二十五日予告 能 定家 私は仕舞景清

IMG_9686
日付変わり昨日は、四月の九皐会定期公演でした。
懸案の駒瀬さんの兼平の地謡も終わりました。
地謡で聞かせる曲といってもよく、前半は琵琶湖から望む比叡山の景色。後半は戦場を駆ける武者たち、義仲、兼平の壮絶な最後。それを謡い込む曲なので私をはじめ地謡、お囃子も力が入りました。
間狂言が、後半のお話を先にわかりやすく語り、後シテが深掘りして描くような構成になっていましたので、後半の謡いも聞きやすかったらよいですが。
如何でしたでしょうか。

命ギリギリの壮絶な散り際が切なく心に残ります。

また琵琶湖に行きたくなりました。

ご来場誠にありがとうございました。

さて、今月25日には、同じく矢来能楽堂で九皐会特別公演、通称別会が行われます。何が特別かというと、普通の定期公演では上演しない特別な曲や秘伝口伝伝承の多い特別な演目をメインに上演します。
今回は中所さんの定家(ていか)
そしてずらり大曲の仕舞。
人間国宝野村萬先生の狂言。
私も景清の仕舞で出演します。
盲目の景清の戦の昔語りの場面の仕舞をご覧いただきます。普通の舞台を舞い動く仕舞とは違い、本人は舞台を大きく動き回らずに物語を動かす、演じるのが難しい仕舞。これぞ師伝直伝の仕舞。
言葉や節付けも面白く景色がありありと見えてくる名曲。
景清の世界観が出せればと思います。

この悪七兵衛と言われた景清は伝承多き人で、若い頃は、源平の戦場に名を馳せ「悪」と呼ばれるほど強い武者であり戦後も頼朝暗殺を目論んだ反骨のサムライです。
自ら源氏の世の中を見たくないと目をえぐり、九州宮崎に流されて、人の哀れみによって余生を生きながらえたという伝承があります。
そこに生き別れになった娘が会いに来て、老いさらばえた身ながら、昔の自分の戦場の名勝負を語り出す。
すると自分の中に、若い頃の自分が蘇って血潮が湧立ち、時が遡るように戦いの様が再現されるのです。
仕舞はこの戦語りの場面になります。
しかし、景清自身は杖にすがる盲目ですから、そこに舞う難しさがあります。
この曲は、語り物的な能であり、型の向こうにあるものが多いので、それが出せればと思います。
地謡も聴きどころです。
その日の大曲「定家」の前ですが、おついでに是非ご高覧ください。


また五月23日の立花供養も宜しくお願い申し上げます。これぞ稀なる一曲なので。

夜話チャンネル第三夜再送。
なかなか次が出来ません。。NGばかりで(笑)
音量は画面下の右バーででご調節ください。

九皐会日曜日本番 客席からの景色

日曜日の矢来能楽堂の定期公演の申合せも終了。
今回私は兼平の地謡。
かなりの分量の地謡で、後半は20分謡い放しです。

兼平と木曾義仲は、死ぬときは一緒という程の子供の頃からの乳兄弟の仲。その兼平が語る義仲の最後と、自身の壮絶な最後が、後半の聞きどころ見どころになります。
比叡山を向こうに見ながら馬で草野原を駆け抜ける琵琶湖畔の武者たち。その蹄の音や命の際にいる息遣いが少しでも出せたらと思います。


今日は申合せ後、客席に回って私の5月の会(半蔀 立花供養)の見所からの眺めを確認。
正面席は埋まって来ましたが、まだ脇正面や桟敷席はお席に余裕が御座います。
今回は、後方から席が埋まっているのは時節柄でしょうね。珍しい埋まり方です。もちろん最前列が一番近くで見えるのは確かです。
最前列は正面も脇正面も空いてます。大チャンス!

また、立花のお花は脇からでもちゃんと見れます。
そのように能の客席に合った四方正面(どこから見ても良い花姿.能の立ち姿お同じ)の生ける工夫が出来そうです。
そうなると俄然脇正面は、良い眺めの席になるのですね。

例えば5月23日のチケットで現在空席の脇正面え5番。
IMG_9672
IMG_9673
IMG_9674
後シテ橋掛に作り物が出でしばらくそこにいますから、全てを見渡せて良い景色なので、おすすめです。
席地図で見ないで、実際の席からの眺めでお選びいただくと良いです。


その他、座敷キ列の左サイドからの眺め
IMG_9658
正面も橋掛も見渡せるこれまた良い眺めです。
こうしてみると、矢来能楽堂はリングサイドのような眺めにも見えます。

能舞台は額縁ステージではないので、どこからの眺めも、面白く見ることが出来ます。
たまには違った角度から見るのも面白いと思います。

中正面の柱前から柱越しに見るのが好きだという通なお客様も居ます。柱越しに見え隠れするのが、最高なんだとか。

見方様々。見え方も様々。
えいやっ!とお選びください。


九皐会共々、私遠藤喜久の会のお申し込みも、お待ちしております。

現在矢来能楽堂の定期公演では、地謡は一列、アクリルシールドにて舞台上の感染防止に努めております。
その他、他の劇場と同じ万全な対策で昨年から変わらず上演しており、お客様のご来場をお待ちしております。
お席についての質問や不明な点あれば、お気軽にお問い合わせ下さい。


  5月23日半蔀公演イメージ映像
チケット→https://yarai-nohgakudo.com/tickets/other


4月の九皐会定例公演で兼平謡います

以前に父と琵琶湖近くにある兼平の史跡に行き、その後も2回位行ったのだけど、blog記事が見つからず、14年くらい前の旅記事がホームページに残っていたので転載します。鞍馬山の旅日記の前にちょっと書いてます。
今でこそ、この辺りは昔の面影はないのですけど、かつて野原だった昔は、目の前に琵琶湖が見えた事でしょう。
木曾義仲の乳兄弟として運命を共にした兼平の物語。
巴御前の兄といわれています。
その最後を能 兼平は物語ります。

4月は駒瀬師がシテを勤め、私は地謡を勤めさせていただきます。地謡で語り尽くす曲なので、頑張りたいと思います。
下ホームページの記事にクリックJUMP。
http://www.ne.jp/asahi/endows/page/page028.html





3月14日日曜日 12時30分開演 盛久の見どころ聞きどころ あらすじ解説 

3月14日の九皐会定例会も迫りました。まるでお芝居のような筋たての面白い曲なので、

盛久の見どころ聞きどころ あらすじ解説いたします。(結末までの詳しいストーリー解説を含みます。)


盛久は、俗に三盛と称し、実盛・通盛と並び、謡いの難度が高い曲と言われています。

それだけ節回し、役の心持ち、物語の展開が複雑で面白く出来ています。

故に観世流の謡曲では、習い物という格付けの準九番習の一曲になっています。


盛久の能は、シテが面をかけずに直面(素顔)で演じる。ただし、素顔を面として演じるのであって、現代のテレビドラマの顔芸ような感情をあからさまに表情に出すことはなく極めてクールです。まさに能面のように。

しかし、生身の人間の顔だから、どれだけクールに演じても、自ずと滲み出るものはあり、その妙が見どころになると思います。

能面と同じく、特徴的でありながら観る人によって如何様にも解釈想像出来る素顔の面でありたいと思って演じています。



盛久は、今風に言えば、戦いに負けた側の名のある将校であり捕虜なので、勝った側(頼朝)に戦争犯罪人として裁かれる身です。

そして九分九厘、死刑を言い渡される運命でした。


この捕虜の盛久を預かるのが、土屋という頼朝側の武将であり、ワキ方が演じるキーパーソンです。京都から鎌倉へ盛久を護送して来ます。

この二人には戦場を戦ってきた男同士の友情や敬意のようなものが漂っています。

勝敗や生死は時の運。いつ立場が逆になってもおかしくない世の無常を熟知している二人なのだと思います。

現代の戦争映画にも敵同士の交流を描くものがありますが、能は、ひたすらクールで、二人のやりとりは淡々としています。しかし、どこか打ち解けて話す二人の会話は心地良い。

今回の土屋殿は、森常好師が演じます。大人の包容力が見どころになるでしょう。


盛久は信仰心の篤い男で、日夜観音経のお経を読み、自ら観音像を彫り祈るような真摯な男。戦さで戦う己の罪を知っていると感じます。


能の冒頭、盛久は今生の名残に清水観音の方へ輿(護送の乗り物)を向けるように願い、土屋はそれを聞き入れ清水に立ち寄ります。

舞台中央で観世音菩薩に祈る盛久。盛久は死を覚悟していて、再び来ることはないだろうと思っています。名残の桜も見納めと清水に別れを告げます。


清水観音に祈りを捧げた盛久は、一路旧東海道を鎌倉へと護送されます。

この場面が、道行という地謡で聞かせる場面。

東海道の名所を読み込んだ地謡の謡いに運ばれて鎌倉へとやって来ます。


舞台進行では、橋掛をぐるりと廻る行き道で、長い旅路を表します。

今は新幹線で4時間足らず、CMでは15秒の旅も、かつては徒歩。

能の道行も決して長くはないですが旅の風情が出れば良い場面です。


やがて再び一行が本舞台に戻ってくると、そこが鎌倉入り、そこからは処分を待つ屋敷の座敷での場面となります。

今でいえば捕虜収容所ですが、平家譜代の武略の達者と誉れ高い盛久への待遇は決して悪くありません。


土屋が訪れると、刑の執行を望む覚悟を漏らす盛久。

しかしまだ処刑までは一刻の猶予があり、盛久は毎日かかさず唱えてきた

お経を読みたいと所望します。


その清水観音経には、我(観世音菩薩)を真に信仰する者は、必ず助けると救済の誓いが書かれています。

そしてたとえ刑場で剣で斬られる時でも、その剣は、粉々に砕けるとも。

しかし盛久は、目先の救済を求めて経を読むわけはなく、魂の真の救済を祈っていると土屋に語ります。この場面、土屋が経を聴き入り、いつしか土屋も声を揃えます。


やがて明け方まで、盛久がひと時の眠りに落ちると、不思議なことに夢に観音の化身の老いた僧侶が現れて目が覚めます。


盛久は観音に感謝し、由比ヶ浜の刑場へいよいよ向かいます。


斬首の場につき、清水の方を向き、経巻を開き観音経を唱える盛久。


執行人が太刀を振りかざすと、盛久が手にした経巻より光が射し、思わず取り落とした太刀は粉々に壊れました。

観音経に書かれた通りの神秘が起きたのでした。


この不思議な出来事に直ぐに刑の執行は取り止めになり、盛久は頼朝の御前へと召し出されます。


能では、正面客席側が上座になり、そこに頼朝がいる設定で、実際の頼朝は登場しない。そのほかの武士や役人も能舞台の演出には、そこにいるけれど、観客の想像に任せてという演出をとり、土屋一人が登場している。


頼朝の御前。そこで語れる、前夜の不思議な夢の中の出来事。

夢に現れた老僧は、盛久の長年の誠の信仰を知っていて身代わりになると夢の中で約束したのでした。


能では、地謡がそれをクセと呼ばれる一連の聴かせどころで謡います。

それも聴きどころ。


不思議なことに、源頼朝も明け方同じ夢を見たのでした。


頼朝の言葉は、地謡が代弁します。


なんという不思議な夢の告げであろうか。それも同時に二人が見るとは。

盛久の信仰の篤さは、天に通じ、奇跡は起きた。

そのことに頼朝も感動し、そして自分にも清水観音の夢が下ったことにも

感じ入ったのでした。

清水の観世音菩薩が救った盛久の命を、頼朝はもはや奪えるはずもなく、盛久は、命を許され、頼朝に祝福の盃をもらって、舞を舞うよう所望される。


盛久は舞の名手であることも頼朝は聞き及んでいた。


盛久は、それならばと御前に出て鮮やかにめでたく舞を舞う。そして長居は恐れありとその場を退室し、一命を取りとめて能は終わります。


*伝承では、この後、盛久が清水観音にお礼参りに伺うと、処刑執行の同時刻、盛久が彫って寄進した観音像が倒れ破損し、盛久の身代わりになったと伝えられる。

その像は、八百年の時を経て巡り巡って東京上野公園にある清水観音堂の秘仏となり、毎年、盛久の奇跡の起きた二月の初午の日に年に一度だけ公開されて、清水観音の霊験を今に伝えている。



現代的に解説しても、とても劇的で面白い曲です。

深刻な物語の始まりから、徐々に盛久の人柄が明らかになり、やがて奇跡を経て、爽やかな颯爽とした舞で終わる後味の良い曲です。


映画にすれば信仰の奇跡を描く長時間の大作に出来る内容を、少ない登場人物と無駄を削ぎ落とした場面展開によって、凝縮した時間の中で物語を成立させている能の演出も見どころです。

観る方様々に想像をしながらご覧いただけたら面白いと思います。



矢来能楽堂は変わらず万全の感染症対策をしながら安全に運営しています。


そろそろ能楽堂へ足を向けてみてはいかがでしょうか。


ご来場お待ちしています。

チケットは、矢来能楽堂に直接ご連絡いただき、席の希望などをご相談いただければとお思います。お席には充分な余裕がございます。

よろしくお願いします。

5月23日公演pv



まだチラシも、詳細も出ておりませんが、先にイメージ映像pv1が出来ました。

昨年五月にあるべきはずだった師父の追悼公演が延期になり、今年の五月にいたします。
三月下旬には、チケットの発売を出来ればと考えています。私個人の催しで、何かと事務仕事がすんなり行かず時間がかかっております。



能以外のプログラムに少し変更がありまして、まもなく情報が出せると思います。
まだ少し先ですがご予定を空けていただければと思います。宜しくお願いします。

奇しくも本日は亡父の誕生日。
存命ならば九十四歳ということになります。
という事で、プレゼントになるかどうか、upしておこうと思います。ご覧ください。


本日は、矢来能楽堂で九皐会若竹能でした。
弱法師の後見と藤の地謡に出てきてました。
久しぶりの能二番公演。
満席ではありませんでしたが、お客様も少し戻ってきてくださった感じでした。
いつものように九皐会の細かな感染対策で、換気の行き届いた客席の矢来能楽堂でした。
ご来場ありがとうございました。


さて、三月非常事態宣言明けは、私の盛久と観世喜正師の鞍馬天狗。
是非神楽坂矢来能楽堂にて、生の舞台をご覧いただきたく、ご来場賜りますよう宜しくお願い申し上げます。








ご案内 三月十四日 矢来能楽堂定例会 盛久モリヒサ

IMG_8956


FullSizeRender

ご案内です。
三月の九皐会一部で盛久を勤める予定です。
これ、昨年の自粛で延期、中止になった公演のリベンジということで組んでいただいた公演なのです。
昨年、稽古能も済み準備万端整ったところで新型コロナウイルスが上陸しパニックのように自粛の嵐が吹き荒れたのでした。
その折はチケットの払い戻しなど、お客様には大変お手数をおかけしました。快く対応していただき誠にありがとうございました。

そして昨年秋に来年こそ!の思いで組まれたプログラムです。今の年明けの状況は予想以上で困惑しております。

今年こそ無事出来ますことを祈りつつ告知させて戴きます。チケットは矢来能楽堂に直接お申し込み下さい

先日も上野公園にあります盛久の観音像を秘仏としてお守りする清水観音堂にお参りしました。


無事出来来ますように。

粛々と稽古して参ります。


以下昨年(2020年)の記事へ
観音堂
http://noh.blog.jp/archives/52538058.html

秘仏
http://noh.blog.jp/archives/52539003.html

念珠
http://noh.blog.jp/archives/52539078.html








公演直前 土蜘蛛のおはなし

いよいよ明日は所沢ミューズ新春能ですが、劇場は安全対策も万全で、予定通り準備は進んでいます。
全ての開催条件を余裕を持ってクリアし、静かな客席に向けて厳かに終息の願いを込め天下泰平を祈願する神歌から粛々と勤めて参りたいと思います。

今この状況だからこその舞台を精一杯勤めさせていただきます。


ネットを検索していたら7年も前に土蜘蛛についてこのブログで書いている私の記事に行き当たったので再掲します。その頃の聞きかじりを書いてます。
http://noh.blog.jp/archives/52354976.html

この時はミューズの小ホールでの催しでした。この時の掲載写真は、昔の舞台の設備がない頃のものですね。最初は劇場の方も能楽をよく知らなくて、がらんとしたホールでやっていたのです。
あれから20年近く経ち今回はホールで、仮設の板敷の立派な能舞台が作られます。


昨年のNHKのヒストリアという歴史番組を見ていたら、真実の源頼光は貴人のボデーガードで、英雄と呼ばれるような働きはしていなかったと再現ドラマで描かれていました。
頼光ファンとしては大変興醒めですが、その頼光を英雄にしたのは誰あろう、足利義満とか。
義満云えば世阿弥を見出した能の恩人的将軍。この人の何かしらの意思が働いたのではとの事。
義満が先祖の頼光を自らを重ねて英雄に持ち上げることで、自らの権威付けにしたのではとの説でした。
さあらば、頼光が活躍する鬼退治の能が創作されたのも頷ける。
この辺りもう少し詳しく知りたいとテレビを見ながら思ったのでした。

伝説は人によって作られるという事かな。

能はその伝説を更に脚色して劇化して何百年も再演したきたのだから、面白く出来ているわけです。


ミューズページへ

では、宜しくお願いいたします。




ラジオ放送のお知らせ

FullSizeRender
明日NHKFMラジオで、謡いにお囃子の入った番囃子という形式のプログラムが放送されます。
ご視聴下さいませ。

エビラと読むタイトルで、源平の戦の最中、腰に付けた矢を入れる矢筒の箙(えびら)に、梅の花を挿して戦った梶原景季の物語。
源氏の板東武者にしては風流な事をすると、都の平家の人々には思われたのですね。

今も神戸市三宮の生田神社には、史跡の梅が咲いてると思います。

ラジオ収録の時は、スタジオも感染対策で皆離れて謡ったので、いつもと勝手が違いましたが、どんなふうに収録されてるか。ドキドキ。

謡い(ウタイ)というのは、聞いた事がない曲は、謡本のテキストがないと、なかなかヒヤリングが難しいと思います。
漢字の音読みとか、現代使わない言葉も多いのでパッと聴いても意味がわからない言葉も多々あります。
でもわからないなりに聴いていただくと面白い事もあると思うので、是非ちょっと聴いてみてください。

謡いを嗜んで自分で謡い出すとかなり面白いんですけどね。
神男女狂鬼、色んな曲もあるし。神話から伝承、日本の歴史な事件の物語とか、曲の多様性は勿論ですけど、声の響きとか、深い息遣いとか独特な強さがあって体が震えます。
根源的なエネルギーを絞り出してくるというか、生きる!って感じがして楽しいです。

私もアマチュアの方々のお稽古をするのですけど、今はリモートや配信に切り替えた方が多いのだけど、画面越しでも声ふり絞って稽古して続けられるのは、なんか謡っていると元気になれるからなんだと思います。

というわけでお時間ある方は是非ご視聴下さい。

1月9日土曜日の
所沢ミューズ新春能は、今のところ予定通り上演と、年末にうかがっているので粛々と準備しています。
お席はありますので、今からでも是非。
新年4日から営業とのことです。



御礼九皐会例会 今年もありがとうございました。

早いもので、今年の九皐会の定期公演-通称例会も、はや本日で年内最後となりました。
まだ特別公演の別会ほか催しも残ってますので、今年が終わった感が全くしませんが、お客様におかれましては今年も九皐会にご来場誠にありがとうございました。
今年はコロナ禍で、大変な影響を受けて、一時はどうなるかと思いましたが、ようやくお客様も戻りつつあります。
九皐会は、いまだにアクリルシールドを地謡に設置。客席の前列の希望者にはフェイスシールドをお配りするなど、感染対策に余念がありません。
また演者の楽屋入の際にもチェックを行なっており、楽屋内もお互い三密に気をつけております。
安心してお楽しみいただけるようスタッフ、演者も心掛けておりますので、是非また矢来能楽堂にお越しくださいませ。

私ごとを言えば3月の九皐会での盛久がコロナで中止になりましたが、来年の定期公演で再チャレンジいたします。
清水観音の奇跡をもう一度!
来年こそは無事にやりたいと思います。
皆様のお越しをお待ちしております。
IMG_8565
最近は、私はすっかりTwitter派に戻っておりまして、そちらに日々更新しています。
忙しいとTwitterの方が早いのでブログが御無沙汰になりました。是非Twitterもチェックしてみて下さい。

年明けに1月9日は、所沢ミューズの大きなホールで土蜘蛛もありますし、年末まで公演もありますので、引き続き気を引き締めて参ります。

昨日は川崎能楽堂で、梅若家の角当さんの舞台。本日は九皐会。そして、来週の豊島能の大般若のリハーサルと週末はタイトに、かつての日常が戻りつつありますが、これが続くといいのですが。

油断なく対策をして元気に年を越す所存です。

では、引き続き宜しくお願い申し上げます。






twitter
ギャラリー
  • 六条御息所夢幻
  • 六条御息所夢幻
  • 六条御息所夢幻
  • 伝説の琵琶 九皐会11月予告1
  • 御礼能楽祭
  • 御礼能楽祭
  • 御礼 触れてみよう能楽の世界
  • 八月22日触れてみよう能楽の世界 プレ講座終了
  • 八月22日触れてみよう能楽の世界 プレ講座終了
  • 再掲 第16回触れてみよう能楽の世界 巴 事前講座7月10日キューブホール
  • 再掲 第16回触れてみよう能楽の世界 巴 事前講座7月10日キューブホール
  • 第16回触れてみよう能楽の世界 巴 事前講座7月10日キューブホール
  • 第16回触れてみよう能楽の世界 巴 事前講座7月10日キューブホール
  • 御礼 遠藤喜久の会
  • 客席風景 5月23日 再掲
  • 客席風景 5月23日 再掲
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

nohgakuhanabutai

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ