IMG_0568

日曜日の巴は無事に終了しました。
ご来場お客様、関係者の皆様ありがとうございました。

直前まで劇場の方々と感染対策に頭を捻ったイベントでしたが、無事出演出来てよかったです。
ミューズの音楽ホールの特設舞台は、過去、欄干や鏡松の製作をしたり、毎度設営や仕込みの準備にも関わるので大変思い入れのある催しです。
能楽堂とは違う独特の空間の使い勝手に毎度悩みます。

巴は、本舞台を使ってしっかり見せれる曲なので、このホールに向いていた気がします。
で、久しぶり演じてみると、とてもいい曲だなあと。また能楽堂でもやりたいなと。

若い頃に演った時には、戦の場面に気を取られて、型でしか感じなかった義仲との別れとか、哀れとか情愛を、能の中にしみじみ感じられる歳になりました。
それだけ歳と共に涙と別れを経験したのかも。

それと、この曲の型や演出がよく出来てるなと。
セットも何もない舞台空間で地謡が物語るので、お客様にとっては空想力、想像力がいると思いますが、琵琶湖や粟津ヶ原、静かな湖面、吹き抜ける風や寺々の鐘の音が想像出来たら、現実以上かと思います。

そういえば私は、琵琶湖周辺を子供の頃に父と、大人になって三度もゆっくり旅してるので、ありありと情景が浮かぶのでした。いいよね琵琶湖。

だからか。入りやすかったのは。
旅。大事ですね。

また旅に出られる事を願いつつ。
無事終演出来たことを感謝いたします。

講座能なので、お囃子方のお話や、装束が見れて楽しかったとの感想もいただき、能がより身近なものになれば嬉しいです。
ありがとうございました。

来年は、3年ぶりの仕舞謡曲ワークショップをリニューアルして開催する事を予定してます。来年こそはですね。


お知らせ
今月26日まで能楽写真家協会作品展がソニーイメージングギャラリー銀座で行われています。
渡辺国茂さんが、私の半蔀の舞台写真を出してくださったとの事。


金曜日、パラリンピック能楽祭に出演予定です。
加藤師のシテの土蜘蛛で、源頼光をさせていただきます。国立能楽堂です。こちらも無事を祈っています。