IMG_8199
IMG_8200
10月11日日曜日12時30分開演
神楽坂矢来能楽堂にて、九皐会定期公演があります。
私は第一部の能「自然居士」のシテを勤めます。
じねんこじと読みます。
世阿弥の父、観阿弥作。
仏法を大衆に説く若き説教師が、雲居寺造営の為の説法を7日間に渡ってしていた。
今だってアイドルが7日間のコンサートなんか、なかなか出来ないから、さぞや人気のある説教師だったのであろう。
そこへ亡くなった親のために追善供養を頼みに来た少女がいた。見れば綺麗な小袖を持っている。これをお布施するので頼むという。
しかし、少女を追って来た人商人(人を売り買いする中世にいた商人)が女の子を引き立てて連れ去った。少女は、自らを売ってその小袖を手に入れたのだった。
自ら売ったのでは人商人にも一分の道理があるが、このまま見過ごせないと意を決し自然居士は7日満願直前の説法を取りやめて、少女救出へと向かう。

自然居士は、半俗のお坊さんだから武力で取り返すことはしない。問答と芸尽くしで人商人に立ち向かう。

幽玄な能とは違った、現代のお芝居のように次々に物語が展開する写実的で筋が分かりやすい面白い能です。

能の中のヒーローですね。
どうぞお楽しみに。
チケットは、観世九皐会事務所にお申し込み下さいませ。
どうぞ宜しくお願いいたします。