事務仕事が山積みになったり、本番が近づいて緊張して来ると、私の場合、決まって小道具をいじり出す。
舞台に使う物を作ってみたり、修理を始めるのだ。

そのお陰で極く稀に傑作が生まれる時もある。
先日アップした数珠は、もともと漂白された白房だったが、それを生成りの白と浅黄に染めた。

しかし、稽古をしながら姿見を見ると何となくしっくり来ない。
少し優しい色なのだ。

盛久ならば茶か紺か、はたまた紫か?
盛久の信仰心と覚悟と立場をそこに少し出せないものか。

しかしこの先の他の曲で使うこともあるし、当日の装束との取り合わせもあるので、どうしたものかと思っていたが、やはりもう少し濃い色が盛久には良いだろうと、現実逃避の始まりで色染めに再トライ。

自分の持物なので、こだわり出すと結構しつこい。
ちなみに正絹の房は、水につけてはいけないと房を買った時の注意書きが入っていたので、真似しないでね。

さて一発勝負。。
おお。なんかいい色に染まってしまった。。


気を良くして、稽古に使っいた派手な欝金地の経巻の裏地緞子もバラして染める。
おお。
これ本番用に行けるのかも。
経巻は本来紙巻だから、掛け軸のように裏地は地味な物なのだが、この曲の舞台用となると経巻を読む場面が見せ場となる。自然観客はその裏地を眺めることになる。そういうものだといわれればそれまでだが、霊験あらたかな観音経が何より大事なので、その経巻にも、もう一工夫あっても良いのではと思っていた。

数珠も、盛久の信仰心を象徴する持ち物で、装束念珠という、古い様式のものを、舞台用に待ち手を使い易くして使っている。これも演者により様々だ。

FullSizeRender
というわけで、今回は染色マスターに。

もとの黄色の緞子に紺を掛け合わせるとご覧の通り織部色に。それに細工して総裏の巻物の完成。
これに金泥で観音経を書きつければ、まさに本物の観音経経巻なわけだが、それは実際には書かない。
能に使う、文や書は基本無地のものを使う。
なので私だけが読めるように心に念写する。
稽古用にしては上手く出来たので、本番でも使うかもしれない。

それにしても、この現実逃避の集中力をもっと社会の為に役立てれば、少しは人様のお役に立てるのではないと思う時がある。が、なかなかそう都合よく発動しない。

まだ本番まで日があるので、結局どんな小道具や、装束を使うことになるのか。それも楽しみ。乞うご期待。

さあ道草し過ぎた。稽古稽古。汗。

このところ何処に行っても風邪とウイルスの猛威が気になるこの頃です。
病院に行くのさえ心配なこの頃。
咳一つで人が振り向くので、空咳も出来ない。

観世音菩薩様の念波観音力で、ウイルス退散を願うばかり。

観音様のお力を書き示したこの経文。

観世音菩薩普門品第二十五

是非ネットで翻訳をご検索下さい。
頼もしいですよ。
またYouTubeには、実際にお坊様が読経していたり、音楽になっていたり、身近に親しめる時代になりました。
ご参考までに。

三月のこの公演。まだチケットあるようです。
是非矢来能楽堂へお越し下さい。
この曲、能面をかけずに素顔で演じるので、それも一つの見どころかも。ちょっと現代劇のような感じに物語が進行します。

詳しくは観世九皐会ホームページへ。→九皐会