FullSizeRender

さて三月の定期公演での盛久に向けて、少しづつ緊張感が出て来ました。
頼んであった新しい数珠が出来上がって来たので、それに少し手を加えました。
まあ、本来数珠の玉数は、108とか、色々細かく決まっているわけですが、これは舞台用に多少略式にして色々使い易くしてあります。
玉を大きくすると108個では、二連にして持つ能の持ち方では、大きすぎるのですね。かと言って小さい玉だと女性的な感じになりますし、今回は少し大きめな玉で作りました。
房の色は、こちらの要望の色がなかなか手に入らないので生成りの白と、薄緑に染めました。
もう少し薄く染めたかったのだけど、発色が良すぎました。ま、房だけ変えることは出来るので、使ってみて様子を見ます、

結構演者の皆さんは、数珠持ちが多くて、マイ数珠を持ってる人多いです。
数珠マニア?
気にする人は、こういう仏具は色々あるので、稽古もあるし自分のがいいわけです。
うちにも祖父や父の使ったものや、私の作ったものなど、いくつかありますが、今回の少し大きい仕立てのは初めて。
今年は、10月公演の自然居士でも使えそう。
やはり本水晶と翡翠を使って職人さんが作ってますから、舞台用とはいえ全く本物であります。
これで観音経を唱えれば無敵。

というわけで、是非三月九皐会に実物をご覧にお出まし下さい。

何といっても、師匠喜之先生の吉野天人揃いがメインイベントにありますので、華やかな舞台をお楽しみいただけると思います。

チケット発売中です。詳しくは観世九皐会ホームページへ。