いよいよ花筐も申し合わせ(リハーサル)も済みまして面、装束なども整いました。

先日の味真野の記述に追記して、もう一言、この曲に登場する継体天皇について触れておこうと思います。
皆様の方がよくご存知かと思いますが、
この曲に登場する継体天皇は、今だに謎とされる部分が多く、なにせ千五百年も前の大王の話なので、文献も少なく古事記日本書紀の記述も、どこまでが史実なのか、作られた歴史なのかがよくわからない謎の大王と言われる方です。

武烈天皇が突然逝去し、その武烈天皇に後継者がいなかった為に担ぎ出されたということになっていますが、何故、このひとだったのか。

応神天皇から既に五代も下った孫であり、都から離れた越前にいた皇子が歴史の表舞台になぜ躍り出ることが出来たのか。そもそもそれは本当なのか。古代歴史ミステリーの一つです。

日本書紀によれば武烈帝の後継者に引っ張られた時は、既に57歳で、先王のお姉さんを皇后にして王位を継ぎます。
皇后のほか8人の妃がいたとされます。

これらの妃は皆、機内、北陸に広がる王家に繋がる一族の娘達でした。

それらの勢力の後ろ盾があって都に進出したと考えられています。
また、継体天皇が曲中にも出てくる玉穂の都に入るのに二十年かかったとされ、空白の二十年があります。すぐ大和に入らなかったのは、それだけ大和に抵抗勢力があったからなのか、そもそもそれは本当なのか。多くの謎が残されています。

また年齢や記述が何処まで本当であったか、後に都合よく史実を書き換えられたとも言われています。
そうした古代王家をめぐる勢力争いと、様々な思惑の中で生まれた大王なのですね。

(能では、子方が貴人の役を勤めますので、今回はとても若い継体天皇です。)

味真野の資料館に入った時に花筐の照日の前のモデルに関して、息長真手王の娘、麻績娘子が味真野の地に関わりがあり、この姫ではないかと掲示には書いてありました。

後に伊勢斎宮となる皇女を生んでいます。
息長一族は、神功皇后を輩出した古い一族です。

しかし、観世流には安閑留という小書きがありまして、これがもともとの古い形であったらしいと研究者が書かれてますね。

そうなると安閑天皇を産んだ尾張氏の姫がモデルかというと、継体即位前には既に子供がいたようですし、玉穂の都に行くのに20年もかかったの?というと、どうも作品と色々辻褄合わないね。というわけで、やはりこの照日の前というキャラクターは、創作された女性であり、この作品はあくまで、古い伝承にヒントを得て脚色した創作的な作品だと言われているわけです。

また、何故そうした作品を世阿弥が作ったかというと、時の権力者の交代劇があり、それに合わせたからかでないか?など研究者の方が様々な見解を示しています。

いくつか改作の跡が見られるところもあり、その分、地謡部分も変化に富み楽曲として難易度の高い演目とされております。

能の花筐という曲は、だだのラブロンスではないと思ってみると、また違った見方ができるかも知れませんが、王位をめぐる争いの中に突然巻き込まれた皇子を追って行く恋人という見方も私は好きです。

観阿弥が作ったものを後に導入したと言われる李夫人の曲舞の下りは、切々と男女の愛情の深さを訴えかけますし、古代の歴史伝承を脚色して世阿弥が作ったといわれる作品なので、思い思いに楽しんで観ていただけたらと思います。

長い一言になりました。
では、どうぞよろしくお願い致します。

当日はひな祭りですね。
舞台上で、雛人形の能楽五人囃子の元となるお囃子や地謡、またお雛様達をお楽しみいただけたらと思います。