IMG_4414

昨日は、観世九皐会一月新春の定例公演にご来場賜りまして誠に有難うございました。

お陰様で、翁の大役を無事に勤めさせていただきました。誠にありがとうございました。

能の世界では大変に大事にしている演目で、遡れば室町時代の能楽大成の遥か以前より伝承された神事の演曲です。
観世流では重習奥伝という最高位に位置する演目となっており、まさにその名の通り秘事口伝伝承で伝えられてきた特別な演目。
本来、一門の当主、長老が演じる別格の演目なのですが、観世九皐会矢来能楽堂の定例公演では、矢来能楽堂で観世喜之師匠の元に住込み内弟子修業してきた者が、生涯一度の大役として翁の披き(初演)のお役目をいただき勤めを果たすのが今までの慣例となって続いて来ておりました。
私の場合は、翁の千歳の初役を師匠にいただいてから、実に30年目。平成と共に過ごした舞台人生の節目となる今年でした。

そうしたことで九皐会の一年の最初を飾る神聖な舞台を仰せつかり、まさに一世一代生涯一度の覚悟で臨んだ舞台でした。

年明けの新春の定期公演という事で、半年間リザーブ席のお客様も多く、チケットは昨年発売初日に完売しました。
あまり宣伝する間も無く席が埋まり、また曲が曲だけにブログなどで多くを語ることも出来ず終いでしたが、ご覧いただきました皆様、応援してくださった皆様に、厚く厚く御礼申し上げます。
誠にありがとうございました。

兄が一昨年に披いた時に心の準備はしておりましたが、昨年秋頃より本格的に師匠に稽古をつけていただき、お囃子方と下稽古をさせていただいたりしながら準備を進めて、暮れ頃から色々な方にお声がけいただき、またお気遣いいただいたり、ご指導を賜ったりしながら、徐々に皆様の祈りが私に集まってくるのを凄く感じておりました。

他の演目では感じたことのない、私事ではない曲の重みというのでしょうか。
物語の一役を演じるということとは違う曲の大きさと、事の重大さをヒシヒシと感じておりました。
この曲は、本人私のものにあらず公のものであるという思いを新たにしました。

とにかくも皆様の思いや祈りを、私の失態で無駄にせぬようにと思いながら稽古を重ねておりました。

前日、大粒の雪が舞い落ちて来た時には、私の慣れぬ潔斎に雪でも降ったかと、ひやりとしましたが当日は皆様の祈りが天に通じたか如く天気も収まり降水確率0%には驚きました。
滞りなく無事に済みましたのは、一重に皆様のおかげ、天の加護と、心より感謝申し上げる次第です。

ともかくも無事に済み安堵いたしました。
まさに心は万歳楽です。

昨日のシテ方の布陣は、ずっと稽古をつけてくださった師匠観世喜之先生が主後見にお座りになり、兄が副後見で面倒をみてくれまして、大先輩長山禮三郎さんが地頭、喜正若師匠が副地頭となり、楽屋内では、諸先輩にご指導いただき、後輩方にも細々とお気遣いいただき本当心強く、一門の皆様に大変お世話になりました。これもまた大変有難いことでした。
そして翁に集中出来るように年明けから稽古を控えくれた私の社中の方々にも感謝したいと思います。

ブログ上ではありますが、お客様関係者の皆様への感謝を書き記しておきたいと思います。
誠にありがとうございました。


早速に駒井カメラマンから映像が来ましたので、まずはワンカットご披露させていただきます。

追伸
渡辺カメラマンの写真もトリミングして載せますね。
IMG_4425


ありがとうございました。