IMG_3509

本日は鎌倉能舞台さんで、杜若を勤めさせていただきました。
恋之舞という素敵なネーミングの小書(特殊演出)でした。
特殊な笛が入り、シテは橋がかかりで水鏡の型が入ります。装束に真の太刀という白の鮫肌の柄の唐鍔に金の梨地の鞘の拵のこれまた美しい太刀を履きまして、初冠にもひと工夫、通常とはまた違う装いの洒落た出で立ちになりました。

ありがとうございました。