本日は、国立能楽堂の企画公演の夏休みスペシャルで、親子で楽しむ能公演でした。
今日は、子供達に大人気の土蜘蛛。
蜘蛛の巣を投げる唯一の曲です。
売り出してすぐに完売になったとか。
沢山の親子連れがお越しでした。

キャストも親子共演で、観世喜正師のシテで、お嬢様が胡蝶という配役。そんな中で私も頼光役を勤めさせていただきました。

また、太刀持ち役をしてくれた桑田家の坊やは、私と年齢差44歳なのに、身長差1センチの育ちの良さ。
本日は私が烏帽子をしていたので、辛うじて背比べに勝った(笑)

人様のお子さんの成長は早く感じると言いますが、本当にあっという間ですね。

客席や舞台の子供達のエネルギーを受けて、こちらも必死になった公演でありました。

さて明日は九皐会定期公演。
明日も、自然居士は、佐久間君親子の共演。
また、兄、和久が羽衣を勤めます。
宜しくお願い致します。