今年も全公演終了し稽古納めをして一年が終了しました。
この一年に関わった全ての方々に御礼申し上げます。

今年は年明けから兄の翁のツレの千歳からスタートしたので正月も休まず始動し、春には新潟りゆーとぴあの兄弟公演、秋に2年ぶりの喜久の会と自分としては大きな催しがあり、また九皐会定例公演や鎌倉能舞台定例公演、所沢ミューズワークショップなどの通年のレギュラー公演に加えて、秋田の催しや文化庁の学校公演にも呼んでいただき、同門の催しや劇場公演も数多くあり、その合間に社中の稽古や研鑽会をして、また八度目の史跡巡り旅行では九州に行き(これで本土四島と佐渡を制覇)と、
思い返せば盛り沢山のほとんど休日もない目まぐるしい一年でした。
でもご一緒した素敵な皆さんのお陰でホントに楽しかったです。
充実しました。ありがとうございました。


来年は社中の喜久謡会20周年記念大会が国立能楽堂で五月にあり、また所沢ミューズは改修のために秋から休館になるので、ここ12年の流れからすると、年齢的にも私にとっては次の12年に向けて大きな節目になる年周りになりそうです。
ここを無事に乗り越えて行きたいと思います。


気合を入れて!

と言いたいところですが、
年々体調管理が最重要課題になってきたと痛感します。

体調も考えて
無理せずじっくりユルユル休み休み。

でもやっぱり
ハアー!っと気合を入れてバリバリと!

どっちやねん(笑)

皆様と楽しく過ごしたいなあと、思っています。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

皆様にとって明年も良い年になりますように!

本年も誠にありがとうございました!