皐風会の学校公演に参加して宮崎に行ってました。県内の小中学校を回りました。
宮崎は春に社中の有志と史跡巡りに立ち寄り、景清関連の史跡を巡ったのを思い出します。その時の記事はこちら→クリック
また、六月には霧島神宮を参詣していたので、今回は東霧島神社に参詣しました。

六月の記事はこちら→クリック


東霧島神社と書いて「つまきりしまじんじゃ」と読みます。

伊弉諾尊(イザナギのミコト)を主祭神として地神五代の天照大御神より神武天皇まで皇祖を合祀し、ご神宝十握の剣を御奉斎しています。

霧島神社は霧島六所権現の一つで「延喜式」に登場する霧島神社が当社であるといわれ、その後、村上天皇の御代に性空上人が再興したと伝えられます。

村上天皇といえば、能「玄象」の後シテ。
書写山円教寺の性空上人といえば、江口の原典の説話に出て来ますね。また、和泉式部が誓願寺に行く前に訪ねた高僧でもあります。霧島で修行していたのですね。今回知りました。
いろいろ繋がって楽しい。

というわけでいつもの如く、へー、ほー、坂を登って、ふー。と声を上げながらの散策でした。
image

神石 イザナギ神の涙が石となった巨石
image

それを自らイザナギ神が十握の剣で切り、その太刀が祀られています。
(出演 善竹富太郎師)

足元の紅葉
image

龍王神水
image

鬼が階段を一夜で積んだそうです
image

それが鬼磐坂階段 振り向かずの坂
願いを叶えるには、その願いを唱えながら苦しくても振り向かずに登る という教えでしょうか
汗びっしょりかいた坂でした。ふー。
image


時折パラリと雨な降るなか頂上間近
image



本社
image

樹齢400年の杉の木に現れた龍神様
image


というわけで、今回も充実した旅でした。
宮崎にご縁のあった一年でした。
例により公演中の写真がないのですが、参加した皐風会では千人以上の子供達に能狂言をご覧いただきました。
大好評だったと思います。
ご同行の皆様、大変お世話になりました。
ありがとうございました。