三週間ほとんど九州に行っていたので、日曜日の東京矢来の定期公演は妙に新鮮でした。
やっぱりいいね、矢来能楽堂は。

坂君の善界の地謡を兄の地頭、その横が私という珍しい布陣。

天狗物は、エネルギーがいるので、シテも囃子も地謡も全開という感じになります。
シテの熱演につられてこちらも毛が逆立ちました。
どうでしたかね。

で、翌日は一門の玄人稽古会。
最初から最後まで長〜い舞囃子が続きました。
楽屋も客席も玄人しかいない会。
鍛えるための勉強の会なので、真剣勝負の厳しい一日。
今の自分の状態がよくわかります。
気がつけばもう30年位この会で勉強させてもらってます。反省の繰り返し。
ほんと一生勉強ですね。



さて、所沢ミューズの能楽ワークショップの大人の部の募集が締め切られ、今年も定員オーバーで抽選になったと連絡が来ました。

いよいよ今年もホットな夏が始まりますね。


子供の部はまだ、募集中です。
絶対よい経験になるので、是非親御様、お申し込みくださいませ。