本日若竹能にて、能 邯鄲のシテを勤めさせていだきました。

五十年及ぶ栄耀栄華の壮大な夢でした。

楽しい時は一瞬で時が経ちました。

あっという間の五十年でした。

人生は夢 幻の如くなり。

きっとリアルな人生が終わった時も、悔いなく生きられれば同じような感慨を得るのでしょうね。

盧生と共に夢が醒め。
言葉ではうまく言えない悟りが私にもあって。

そしてまた明日から淡々と一歩一歩。

生まれ変わった気持ちで歩みたいと思います。

これは終りと再生の物語でもあるのかもしれませんね。


そんな事を思う今夜でした。


そして、

夢から醒めた今、

またこれも夢なのかもしれないと。。。。


ご来場。こ観能誠にありがとうございました。