彩翔亭20151103susuki編集中

恒例になりました11月の文化の日の、茶室で親しむ能楽お話講座。
所沢航空公園という駅前に広がる自然豊かな公園内にある茶室での催しです。

今回は、11月の矢来能楽堂観世九皐会の定例公演で私が舞う能「井筒」を中心に、気軽なお話講座を予定。
来場の方々と、少し井筒の謡いの手ほどきなんかも出来たら、少し能台本が身近になるかなと考えています。

この「井筒」という曲は世阿弥の作った最も美しい曲目のひとつといわれます。
在原業平と紀有常の娘との恋物語を物語の核として、
前半は、居クセと呼ばれるシテが舞わずに地謡が語るという演出。
後半は、序の舞という静かで優美な舞に女の恋心を表現する雅な作品です。

背比べをして育った男女がやがて大人になり、初々しい恋人になります。
しかし、男は他にも通う女が出来てしまう。
その時、女はどうしたか。

男の理想?ともいえる可憐な対応に、男はほだされるのです。

その恋心をどう舞うか。そのあたりが今回の見どころになります。

茶室ですが、椅子席をご用意してますので、気軽に来てください。また、ここの喫茶室には和菓子と抹茶の販売もしていますので、秋の庭園とお茶を楽しんでから、ゆっくりと能のお話を聞いていただけたらと思います。

この講座の申し込みは、チラシの問合せ先担当者にお願いします。

なお、矢来能楽堂定期公演についての申し込みお問い合わせは、能楽堂ホームページをご覧下さい。➡能楽堂リンク