ちょっと会が立て混んでで来て、その上、公演が近づき稽古や準備で慌ただしいのですね。
と、言い訳をしてから野宮の話。
当日公演用に解説というか、語訳を作成したので、ここではあまり書くのをやめようかと(笑)
このお話が、源氏物語の後日談的に書かれたものだとわかれば、あと言葉がわかれば、余計な説明は、かえっていらないだろうという気がしてきました。

序ノ舞も、型それ自体に具体的なストーリー的な意味はないと、思っていただいて良いと思います。
観たままに感じていただけたらよいと思います。
でも、もう8月に葵上をやって、春からこの公演の準備をずっとやってきた私としては、いつも六条御息所がいたわけで、一人で序ノ舞の稽古をしていると、いろんな思いというか、源氏物語の場面とがが勝手に浮かんでくるような気がするのですわ。そこに東宮や源氏も現れるような。。まあこれを人は自己満足というわけですが(笑)
だからなかなか無心には舞えないのです。能の演者は空っぽがいいのか、中身一杯がいいのか、どっちがいいのでしょうね。巧まずにやれたらいいと思います。結局のところ成るべくして成るところに行くのです。その最初の行き筋が、巧まずに成るべくとろこに行けたらいいのですが。

序の舞は、言葉に出来ない思いを、舞うのだと、どなたからか昔聞いたわけですが、そういう感覚は確かにあるわけですね。
この曲は、原作もしかっりあって、六条のキャラクターもはっきりしているので、自然とそんな感覚になるのかなあ。
型の動きとしては、凄く簡単に云ってしまうと、出る型と下ル型と廻る型しかないのです。しかし、それは案外、いろいろな事の根っこに通じているのですね。実に能の型は、よく出来ているのであります。

野宮は、破ノ舞という短くて、少し早く強く囃される舞が、序の舞の後にあるのですが、これは、より六条御息所の激しい内面を表していると言われます。ですから、やっぱりギュッとなるというか。そうなりますね。舞台の最後のここら辺りまで、しっかり持っていけたらいいのですが。矢来の舞台でも、1時間45分は、どうやってもかかりそうな。ちょっと重く入ったら2時間は当たり前にかかる曲であります。長い!!とお客さまに言われないように、頑張りたいと思います。

この曲の最後の終わり方が、有名でありますが、結局のところ、御息所は迷いを抜けて、成仏したのかどうか。
問いかけるように謡い終わるのですね。
これは当日ご覧になっての感想を伺いたいです。
さて、どうなりますやら。よろしくお願い致します。