能楽夜ばなし

能楽師遠藤喜久の日常と能のお話

サントミユーゼ公演 安宅

IMG_5727

本日は上田市に来ていました。
サントミユーゼで大ホールでの安宅の公演の地謡に来ました。
夏休みで行きの新幹線も満席。
大ホールも満席。観世喜正師の安宅と野村萬斎師の狂言 蚊相撲でした。

軽井沢で降りたいなあと思いつつ。
明日は社中の練成会。
帰らねば。


第69回世阿弥供養祭能楽大会

佐渡に来ています。
毎年こちらで行われている世阿弥供養祭のお手伝いに来ました。
佐渡は、能舞台が多いのが有名ですが、江戸時代に金山が幕府直轄になった頃に能楽が盛んになったとか。
そしてその昔は、流聖、世阿弥さんが佐渡に流されたといういう話は有名です。
この催しも、佐渡や新潟県の謡曲連盟と地元の宝生流や観世流の愛好家の方々が実行委員会を主催して自ら演じて長年続けていらっしゃる催しです。
父や兄のお弟子様や関係者がご出演なので、今年は私も兄の手伝いに上がりました。
今回は、観世流は、お仕舞と、杜若の能をされるという事で、私は能の後見にお邪魔しました。
申合も昨日無事に終了し、本日はいよいよ本番。
正法寺ご住職による世阿弥供養の法要より催しがはじまりました。
正法寺さんは世阿弥の佐渡配所のひとつです。

IMG_5711

客席に世阿弥像と祭壇が整えられ関係者が参列。読経と焼香と続き、その後、世阿弥さんに見守られるように舞台が始まりました。
650年後の世界で自分の作品が上演されるって、どんな気分なのでしょうね。
喜んでいただけたらいいですね。

正法寺ご住職には、父をガイドに社中方々と佐渡能楽史跡の旅に訪れた時に大変ご親切にお世話になりまして、ご挨拶しながら当時を懐かしく思い出しました。


会場は、掘記念 金井能舞台という大変に立派な室内能楽堂です。
お客様も多く台風一過。真夏の陽射しの中、熱い舞台が繰り広げられました。
皆様の熱演のせいではないのでしょうが、ホントに暑い舞台になってしまったのでした。
なんと申合せ絶好調だった舞台と客席の空調がおかしくなり、楽屋から鏡の間に出ると、カナダからハワイに来たような温度差。
杜若のシテは着込みの上に出ずっぱりなので、途中でクラクラならないかヒヤヒヤしました。
横板に寛ぐ度に私が顎の汗を拭き、無事に終曲。
(出番前に何かあればすぐ合図するようにとは打合せていたので、様子を見ながら勤めていたのはいうまでもありません。)
戻って楽屋で地謡も囃子も汗だくで、皆ホッとして笑みがこぼれました。

関係者の皆様、誠にありがとうございました。
またおめでとうございました。
シテも暑い中ミスもなくよく勤められました。
一年半も稽古したと伺いましたが、全く心配のない舞台でした。重ねておめでとうございました。
お客様もさぞ暑かったでしょうね。ご苦労様でした。
私からも御礼申し上げます。

終わってみれば皆気持ちよく汗を流して減量大成功!
でも打ち上げで水分大補給で元どおり(笑)

昨夜はホテルのロビーで、鬼太鼓や佐渡おけさの実演とワークショップがあり、15分程佐渡おけさを習って認定書をいただきました。
以前来た時も習ったので、これで2枚目。
佐渡おけさは波ですね。波。そして風と稲穂。
などと知ったかぶりの私でした。

IMG_5699
IMG_5687
IMG_5693

そうそう今回は連日、畑に佇むトキを見ました。
そして帰り道、運転手さんにトキの居そうな道を走ってもらい、ついに鷺とトキ同時に遭遇。
FullSizeRender
左がトキ。右が鷺。

三匹が飛ぶのをしかと見ました。
見とれて決定的瞬間はシャッター切り損ねたですが。
いいもん見れました。

やっぱ佐渡はいいね。
おしまい。

8年前の記事がホームページにありました。
よろしければそちらもどうぞ。


第50回寒川神社相模薪能に出勤

今日は雨模様でしたが、薪能は予定通り行われました。
最初の能「国栖」の時は、本殿大屋根の下に演者が入って演じましたが、お客様は雨合羽を着ての観能、
途中から雨が上がり、野村萬斎師の二人袴、最後は中森さん親子共演の石橋で晴れやかに50周年を締めくくりました。
誠におめでとうございました。

私も先代中森晶三師ご存命の時より、30年以上出勤している催しなので、振り返れば様々思い出もあり、あっという間だったなあと。。
終演後そんな話を先輩と話しておりました。

この相模薪能は、国家の英霊と戦争の犠牲者をお慰めし、国家の隆昌と恒久平和を祈る神事能という大変意義のある志で第一回より行なわれているということが、パンフレットに宮司さまのお話として書かれておりましたが、その思いを受け継いで今後も永く続いていける平和な世の中である事を共に祈りたいと思います。
本当に良い世の中になりますように。

本日も、ありがとうございました。

所沢ミューズ能楽謡いワークショプ無事終了

本日は、先日からワークショプをしていました謡い講座の一般非公開の発表会と能楽講座。
関係者以外はいないのですが、それなりに服装を揃えまして発表会形式で大連吟。
皆さま伸び伸びと実に大きな声で歌っていました。
いやー、たった3回の練習で、一部分とはいえ2曲を朗々と歌うなんて、実にお見事。
しかも今回は、謡本もないのです。
言葉だけで、全部聞き覚え。
皆さんの音感の良さと記憶力に驚いちゃいました。

とても楽しく伸び伸びとした時間を過ごせて私も楽しかったです。

ご参加の皆様、ありがとうございました。

またお目にかかりましょう!



歌仙会

本日は、年一回の喜之一門の夏の稽古会。
通称歌仙会。
三六歌仙に因み、36番の演目をやるのが正式ですが、今年は半歌仙にて一門の舞囃子の番組が並びました。
客席は、師匠と一門と囃子方皆様だけという、玄人の目だけが光る、完全非公開の厳しい勉強会。
一番が終わっても、もちろん拍手などあるはずもなく、謡いはもちろん、舞の一挙手一投足に厳しい目が注がれます。
師匠先輩からご注意や指導があり、若い頃は随分ここで叱られながら学んだものです。

若い人だけでなく我々や先輩方にとっても緊張感のある舞台。

今年も多くの反省や教えをいただきました。

昨夜は渋滞の影響であまり寝てないので、どうなることかと思いましたが、緊張感がそれを上回りましたね。なんとかこちらは事故を起こさず終わりました。

さて明日は、午前中から航空公園彩翔亭にて所沢ミューズの能楽謡ワークショップの練習の最終日。
明日また朝から頑張って声を張り上げたいと思います。
出るかな〜声。


富士吉田に来ました。大渋滞初体験。

今日は富士吉田の梅若薪能に出勤。
と言っても今回はホールでの催しで、流行りのプロジェクションマッピング映像を流しての花月と紅葉狩。
シテは角当先生親子でした。

客席までホールいっぱいに映像が広がってなかなか面白い試み。
最新技術と古典の組み合わせが妙でした。

帰りは30キロオーバーの渋滞に巻き込まれ。6時前に終わったのに帰ったら完全に日付変わって真夜中の帰宅。日本の夏休みの大渋滞を初体験。ホントに凄かったです。
行きの公演前じゃなくて本当に良かった。
あぶないあぶない。






御礼九皐会

IMG_5635
日付変わって昨日は大変にお暑い中、九皐会定例会ご来場賜り誠にありがとうございました。
能は鳥追船と阿漕。
鳥追は、この曲だけの作り物の舟が特徴的。
観世喜正師親子共演の舞台でした。

阿漕は、演者がやりたくなる曲の一つで、ちょっと怖くて重たいテーマなんだけども、いろいろ工夫された演技の型の細やかな伝承が伝わっている面白い曲。
私がさせていただいたときは、後場の上演中に近所に落雷があって、物凄い音であったのを覚えています。
私がまた演りたい曲の一つで、今日は後見でしたが、シテの永島充君と、あれこれ演りようを話せて楽しかったです。

ずいぶん以前に私がした時のブログ記事がありましたので、参考までに。結構書いてますね。この時は父六郎の地頭でした。今日も充君の地頭を永島忠侈さんという親子共演でしたね。








それから今日は私は女郎花の仕舞を勤めさせていただきました。
昨日は師匠と相談しまして少しでも客席が涼やかになればと、四番の仕舞は皆色とりどりの麻の衣にて勤めました。私のは父が着ていた思い出の浅葱の衣でした。
楽屋で大先輩方がそれを覚えてくださっていて、少し思い出話しを致しました。
着物ってそういう事が出来るのでいいですよね。

このところあちこち夏の催しが続いておりますが、暑さ厳しいみぎり皆様もどうぞ水分多めにお取りになってご自愛くださいませ。
ありがとうございました。





所沢ミューズ主催 能楽謡ワークショップ

本日よりミューズ主催の謡ワークが始まりました。今年は劇場が改修中なので、隣接する航空公園内茶室にて和の雰囲気での催し。

暑い夏の平日午前中ということで、高齢者の参加かが多く、また直前キャンセルも出た今回ですが、無事に開講式をしてスタート。

今回は劇場での成果発表もないので、とにかく声を出して楽しんでいただこうと、初日から大きな声でうたっていただきました。

大変筋の良い、また声の大きな方が多く初日の課題を終えて120点の出来でした。

最終的には丸暗記してしっかり体に入れてうたっていただけたらと思っていますが、短いといっても2.3分はあるのでどうなりますやら。
ともかくも暑さを吹き飛ばす素晴らしいスタートでした。

それにしても外の暑さは、ちょっと怖いくらいですね。どうぞくれぐれも熱中症にご注意下さい。

全くはじめての人の為の謡い講座募集 期間延長

募集期間延長のお知らせ


私が教えるのですから、面白くないわけがない。
なんてね。
今回は一般公開しないので、最終日は参加者だけの特典で、能楽講座も致します。是非ご参加下さい。


今年の所沢ミューズ能楽ワークショップは、劇場改修工事のため、隣の航空公園内庭園茶室にて謡曲講座を開催します。

全くの初心者対象なので、年齢性別を問わないとの事。お子様も受講受付けるようです。
楽しそう。

まさに老若男女と声を出して楽しむ講座になりそうです。
基本全くはじめての方対象なので、難しい事や、長々した事はいたしません。
ごく簡単な凄く短い謡いを練習します。
学校の校歌の1番のフレーズを歌う程度だと思っていただければよいかな。

どうぞお気軽にご参加ください。
詳しくは下記の要項から、ミューズのホームページに飛んで応募して下さいませ。
どうぞ宜しくお願いします。

庭園茶室は、以前からよく講座に伺っていたので、広々としてベンチも使えて、謡いの練習にぴったりですね。
講座の後に散歩も楽しめるし、とてもいいところです。
是非、若い方も、またお子さんと一緒に参加してみてください。

なお、発表会と書いてありますが、これは参加者だけの非公開の成果発表です。一般公開いたしません。

なので参加した方達だけで致しますので、恥ずかしがり屋さんも大丈夫です。


【ミューズ初開催】能楽ワークショップ「謡い体験講座」参加者募集!

これまで700人以上が体験した所沢ミューズで大人気の講座、能楽ワークショップ!

本年は日本庭園に囲まれた『彩翔亭』で「謡い(うたい)体験講座」を初開催いたします。

身体や心身の健康に大変良いと言われている「謡い」を気軽に体験しませんか?

◎参加条件:3回の稽古と稽古発表会に参加できる方(定員50名)
 
【第1回稽古】7月30日(火)  時間は各日とも 10:00~11:30
【第2回稽古】8月1日(木)
【第3回稽古】8月6日(火)

【稽古発表会】8月10日(土) 13:00~15:00

★詳細は募集要項/参加申込書をご確認ください。


所沢ミューズホームページへジャンプ!

連休

連休は、九皐会と鎌倉能舞台さんの定期公演に出勤。
本日の鎌倉さんでは、葵上の地頭と安達原の主後見
お陰様でどちらも滞りなく、また満員御礼のご盛会で無事終了。
どちらも上演頻度の高い人気曲で、特に葵上はシテの中森さんも囃子方も何度もやっているベテランなだけに余裕があって、地歌も自由に謠せていただけて謡い手としては、うまくまとまった方かなと思います。

今年は大曲や上演頻度の少ない難しい演目がかかることが多く、毎日が勉強で相変わらずの夏休みなしですが、コツコツ精進したいと思います。

そうそう鎌倉能舞台では、私も11月2日に葛城のシテを勤めさせていただきます。
是非お出ましください。宜しくお願い致します。

もう一つ追記
来月の八月の九皐会定例会では、女郎花の仕舞を舞う予定です。能の後半場面が仕舞になっております。
身を投げた女の後を追って地獄に行く頼風。
さてそれが仕舞で演じるとどうなるか。乞うご期待。

女郎花の過去記事はこちら→その1  その2
以前にシテを勤めた時に書いた記事です。
沢山書いておりました。宜しければ参考までに。

twitter
ギャラリー
  • 盛久 念珠
  • 身代わり参詣に感謝
  • 源氏物語 生け花のある能 半蔀 立花供養
  • 喜久謡会社中 新年会
  • 平盛久 タイラのモリヒサ ゆかりの地
  • 平盛久 タイラのモリヒサ ゆかりの地
  • 平盛久 タイラのモリヒサ ゆかりの地
  • 平盛久 タイラのモリヒサ ゆかりの地
  • #矢来能楽堂 で検索してね
  • ダイエット成功。そして今年もありがとうございました。
  • ダイエット成功。そして今年もありがとうございました。
  • 手帳小型化計画
  • 手帳小型化計画
  • 手帳小型化計画
  • 手帳小型化計画
  • 手帳小型化計画
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

nohgakuhanabutai

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ