能楽夜ばなし

能楽師遠藤喜久の日常と能のお話

暗闇の記憶

公演記録UPしました。http://www.ne.jp/asahi/endows/page/

今日は明日行われる囃子科協議会能の申し合わせ。
番組は国栖(くず)でシテは師匠観世喜之師です。
実は、今から35年前の囃子科協議会の同じ「国栖」で先代の観世喜之師の子方として舞台に立ったのが、私の玄人会の初舞台だったのです。
壬申の乱をテーマにしたこの曲は、大海人皇子・後の天武天皇を子方が勤めます。
能の中で追ってからかくまわれる場面だけは、記憶に残っていて
「あー暗くなるーっ」て思ったのだけはよく覚えています。(なんで暗くなるは見てのお楽しみ)
当時の事を覚えてる方は、皆引退なされて、私がどんな子方だったのかはわかりませんんが、今になれば父もよく稽古をつけてくれたものだと思います。
明日は、父、六郎の一調もありますので、興味のある方は是非いらしてください。
国立能楽堂夕方5時半から、舞囃子3番 一調 狂言 能です。


秋田の休日

昨夜の公演の後は、秋田に住む友人に久しぶりに会い、川端という市内の繁華街?で名産比内鳥ときりたんぽの鍋をつつき、舌鼓を打ちました。
最近は、日本が狭くなって、泊りがけの公演も減ってきたので、こうしてゆっくり出来るのも地方公演ならではの楽しさです。
で、本日は、秋田の自然の中、ゆっくりと英気を養いまして東京に戻りました。秋田杉って、ほんとに気持ちよくまっすぐに生えていて、木々にの緑に囲まれると、じわじわと癒される気がしますね。
たった1,2日の事ですが、浜松町辺りまで戻って来ますと、都会の雑踏が騒がしく感じます。今週は、囃子方協議会能 鎌倉定期能 九皐会定期能と続きます。つかの間の休みでした。

コメントありがとうございました。楽しんでいただけたようで何よりです。
年に一度くらいしか秋田の公演がないので、行くときはとても楽しみにしています。
能は始めてとの事、どうぞ気軽にご質問下さいませ。
また、東京においでの際は是非、舞台を見に来てくださいませ。
能楽堂でお待ちしております。
ありがとうございました

まほろば薪能

56f7e3cd.jpg
本日はまほろば薪能に出演。天鼓の前シテの老人を勤めました。出番前にカメラマンさんがパチリ。
天気に恵まれ無事に終了。
舞台は山の中腹でお宮があります。舞台からは辺りの開けた田園景色が一望できる素晴らしいロケーション。秋田には自然のエネルギーが溢れていて行く度に元気になります。皆様も是非一度訪れて下さい。



e06aaa5e.jpg

ここ一番はやっぱり

さて明日は秋田まほろば公演に参加。
ちょっと舞台が詰まってきてるので、ここ一番はやっぱり鰻!
ということで中野の稽古場近くの鰻屋さんに。
子供の頃、この店の前で鰻を炸くのをじーッと見てたものです。先代の鮮やかな包丁捌きが思い出されます。
変わらぬ味っていいもんです。明日は天鼓の前シテを勤めさせて頂きます。頑張ってまいります。

コメントありがとうございました。
今回のワークの写真は近々にホームページアップしますね。

ワークショップ終了

7月の公演に向けて一月から5回にわたって行いました「能楽師が案内する古典芸能の世界」も昨夜で無事に終了。最終回は一番の大入りで、琵琶と謡曲についてのお話と実演を楽しんで頂きました。琵琶の歴史や楽器の話、大変興味深かったです。
御来場の皆様ありがとうございました。
荒井さんの耳なしほういち面白かったですね。素晴らしい演奏でした。
いよいよこれで夏の公演まで一月をきりまして、制作打ち合わせ大詰めです。
鉄骨を汲んで舞台花を支える!とか、星空の照明を作り出す!とか、演奏のコンビネーションをどうするとか、各パートで打つ合わせが続きます。自分で言うのもなんですが、一夜限りの公演にしては、あまりに贅沢な公演です。(昨年も10メートルの生け花を一日で壊すのにはため息が出ましたもの。)是非、見に来ていただきたいと思います。 

ゆめりあアワー

明日というかもう今日ですが、大泉学園駅ゆめリアホールでの能楽師が案内する伝統芸能の世界5.琵琶と謡曲です。
平家物語をテーマに謡曲「屋島」や仕舞「船弁慶」琵琶「耳なしほういち」の実演をご覧頂ながら伝統芸能の世界に触れて頂ます。
当日券ありますので、おいでください。詳しくはhttp://www.ne.jp/asahi/endows/page/



大盛況

週末はプロの公演とあまちゅあの発表会公演に行きましたが、連日大盛況の賑わいでした。
能の世界ではアマチュアのことを素人とかお素人というのですが、素人会でも能の公演がありあます。
シテの主役以外は全部プロで脇をかため能装束面もプロの使うものを使います。
能は7割りは地謡で決まるともいわれているので、素人であっても稽古を積めば、囃子からワキ方狂言まで一流の演者で脇を固めると充分に一番の能が成り立ちます。
プロの演者にはでない豊かな表現が現れることもありとても楽しいものです。
このほかに5分ぐらいの舞どころの仕舞(いわゆる地唄舞)や台本をたち演技なしで聞かせる謡曲。囃子演奏入りの舞の舞囃子など、色々な上演バリエーションがあります。
昨日は初舞台のお素人さんもたくさんいたので、緊張感のある華やかな舞台が繰り広げれました。お疲れ様でした。
わたしの社中もそろそろ稽古会の準備を始めなくては。
さて木曜日はゆめりあホールでの仕舞と謡いと琵琶のワークショップです。7時からです。
義経屋島の戦いのくだりの謡曲「屋島」や壇ノ浦に沈んだ知盛の怨霊が現れる船弁慶の仕舞。そして平家の怨霊にとりつかれた耳なしほういちなど、シリーズ最終回のわーくです。
琵琶の荒井氏は希木きりんさんの甥っ子で親戚も皆芸能一家なんですよね。迫力ある撥音と歌声をどうぞお楽しみに。
土曜日は秋田まほろば唐松で天鼓の前シテを務めます。ちょっとお忙しの今週です。
詳しくはホームページで。http://www.ne.jp/asahi/endows/page/

たーちゃーにんはお

緑泉会の申し合わせのあと、中国のお客様に能のお話をしにセルリアン能楽堂に。
今回は2度目なので、なんとか最初の挨拶は中国語でと、楽屋で練習(笑)
しかし、すかさず通訳の方にまじめに翻訳されて(汗)あとは、
もうずっと日本語を通訳していただきながらの解説でした。
中国を題材にした曲は案外多く20曲位あるのです。
で、一通りの解説の後、鶴亀の仕舞の体験をしてもらいました。
すごく覚えが早く、謡の一節もすぐに鸚鵡返しで朗々と謡われるのです。
あちらの次世代を担う人々は異国の文化も大変熱心に学ばれるので、こちらも熱が入ります。能以外にも日本の伝統文化を一通り体験して帰られるとの事。
こんなところにも今の中国の勢いを身近に感じたりしますね。
あー言葉が話せたらもっと沢山のことが伝え合えるのにと、ちょと残念でした。
2時間のワークの最後に是非中国に来て能を紹介して欲しいといわれ
とても嬉しかったです。
客人の日本滞在が良い時間になるよう祈りたいと思います。

http://www.ne.jp/asahi/endows/page/

ゆめりあホールワーク

今週は打ち合わせやら稽古で、ある意味少しゆったりです。遅くなりましたが、
6月2日のゆめりあホールでのワークショップのDMを参加者に発送しました。
最終回はステージが少し小さいので、舞台に上がってのワークショップはなしです。
その代わり客席で謡を謡って頂く予定です。
琵琶の荒井さんがする「耳なしほういち」は御存知<小泉八雲>の怪談として有名ですが、
琵琶演奏で聞くのは私も初めてで楽しみです。
薩摩琵琶のうたいは能の謡いに似ていいる強さがあり、迫力がありますね。
当日は平家物語にちなんだ曲の仕舞を琵琶演奏入りでしたいと思います。
お楽しみに。
詳細はhttp://www.ne.jp/asahi/endows/page/へ

夏の扉

怒涛の一週間が過ぎました。
こう催しが続きますと「はて、昨日は何をしてたか?」と思い出せなくなってしまいます。(←わたしだけ?)
一週間前のことが遠い過去のように思えます。少し頭が病んでいるかもしれません(笑)
以前、われながら心配になり人間ドックに入った際に、頭のCTスキャンを真面目に撮ってもらたことがありましたが、
「異常ないですよ、外科的には(笑)」とお医者さんにいわれ、以来、安心はしてるんですけどね。
能楽師は、舞台では無本なので、曲を覚えるために記憶力との戦いがあります。
覚えては忘れ覚えては忘れの繰り返しです。
きっと他の事が覚えられないのは、そのせいです(と、言い訳)
さて、昨日の雷雨とうって変わって本日は晴天でしたね。
いよいよワンダフルな夏がやって来ます。
というわけで、今年の目玉「美しき夏の夜の幻」の公演をどうぞよろしく御願いします。



twitter
ギャラリー
  • 盛久 念珠
  • 身代わり参詣に感謝
  • 源氏物語 生け花のある能 半蔀 立花供養
  • 喜久謡会社中 新年会
  • 平盛久 タイラのモリヒサ ゆかりの地
  • 平盛久 タイラのモリヒサ ゆかりの地
  • 平盛久 タイラのモリヒサ ゆかりの地
  • 平盛久 タイラのモリヒサ ゆかりの地
  • #矢来能楽堂 で検索してね
  • ダイエット成功。そして今年もありがとうございました。
  • ダイエット成功。そして今年もありがとうございました。
  • 手帳小型化計画
  • 手帳小型化計画
  • 手帳小型化計画
  • 手帳小型化計画
  • 手帳小型化計画
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

nohgakuhanabutai

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ