能楽夜ばなし

能楽師遠藤喜久の日常と能のお話

まほろば薪能

56f7e3cd.jpg
本日はまほろば薪能に出演。天鼓の前シテの老人を勤めました。出番前にカメラマンさんがパチリ。
天気に恵まれ無事に終了。
舞台は山の中腹でお宮があります。舞台からは辺りの開けた田園景色が一望できる素晴らしいロケーション。秋田には自然のエネルギーが溢れていて行く度に元気になります。皆様も是非一度訪れて下さい。



e06aaa5e.jpg

ここ一番はやっぱり

さて明日は秋田まほろば公演に参加。
ちょっと舞台が詰まってきてるので、ここ一番はやっぱり鰻!
ということで中野の稽古場近くの鰻屋さんに。
子供の頃、この店の前で鰻を炸くのをじーッと見てたものです。先代の鮮やかな包丁捌きが思い出されます。
変わらぬ味っていいもんです。明日は天鼓の前シテを勤めさせて頂きます。頑張ってまいります。

コメントありがとうございました。
今回のワークの写真は近々にホームページアップしますね。

ワークショップ終了

7月の公演に向けて一月から5回にわたって行いました「能楽師が案内する古典芸能の世界」も昨夜で無事に終了。最終回は一番の大入りで、琵琶と謡曲についてのお話と実演を楽しんで頂きました。琵琶の歴史や楽器の話、大変興味深かったです。
御来場の皆様ありがとうございました。
荒井さんの耳なしほういち面白かったですね。素晴らしい演奏でした。
いよいよこれで夏の公演まで一月をきりまして、制作打ち合わせ大詰めです。
鉄骨を汲んで舞台花を支える!とか、星空の照明を作り出す!とか、演奏のコンビネーションをどうするとか、各パートで打つ合わせが続きます。自分で言うのもなんですが、一夜限りの公演にしては、あまりに贅沢な公演です。(昨年も10メートルの生け花を一日で壊すのにはため息が出ましたもの。)是非、見に来ていただきたいと思います。 

ゆめりあアワー

明日というかもう今日ですが、大泉学園駅ゆめリアホールでの能楽師が案内する伝統芸能の世界5.琵琶と謡曲です。
平家物語をテーマに謡曲「屋島」や仕舞「船弁慶」琵琶「耳なしほういち」の実演をご覧頂ながら伝統芸能の世界に触れて頂ます。
当日券ありますので、おいでください。詳しくはhttp://www.ne.jp/asahi/endows/page/



大盛況

週末はプロの公演とあまちゅあの発表会公演に行きましたが、連日大盛況の賑わいでした。
能の世界ではアマチュアのことを素人とかお素人というのですが、素人会でも能の公演がありあます。
シテの主役以外は全部プロで脇をかため能装束面もプロの使うものを使います。
能は7割りは地謡で決まるともいわれているので、素人であっても稽古を積めば、囃子からワキ方狂言まで一流の演者で脇を固めると充分に一番の能が成り立ちます。
プロの演者にはでない豊かな表現が現れることもありとても楽しいものです。
このほかに5分ぐらいの舞どころの仕舞(いわゆる地唄舞)や台本をたち演技なしで聞かせる謡曲。囃子演奏入りの舞の舞囃子など、色々な上演バリエーションがあります。
昨日は初舞台のお素人さんもたくさんいたので、緊張感のある華やかな舞台が繰り広げれました。お疲れ様でした。
わたしの社中もそろそろ稽古会の準備を始めなくては。
さて木曜日はゆめりあホールでの仕舞と謡いと琵琶のワークショップです。7時からです。
義経屋島の戦いのくだりの謡曲「屋島」や壇ノ浦に沈んだ知盛の怨霊が現れる船弁慶の仕舞。そして平家の怨霊にとりつかれた耳なしほういちなど、シリーズ最終回のわーくです。
琵琶の荒井氏は希木きりんさんの甥っ子で親戚も皆芸能一家なんですよね。迫力ある撥音と歌声をどうぞお楽しみに。
土曜日は秋田まほろば唐松で天鼓の前シテを務めます。ちょっとお忙しの今週です。
詳しくはホームページで。http://www.ne.jp/asahi/endows/page/

たーちゃーにんはお

緑泉会の申し合わせのあと、中国のお客様に能のお話をしにセルリアン能楽堂に。
今回は2度目なので、なんとか最初の挨拶は中国語でと、楽屋で練習(笑)
しかし、すかさず通訳の方にまじめに翻訳されて(汗)あとは、
もうずっと日本語を通訳していただきながらの解説でした。
中国を題材にした曲は案外多く20曲位あるのです。
で、一通りの解説の後、鶴亀の仕舞の体験をしてもらいました。
すごく覚えが早く、謡の一節もすぐに鸚鵡返しで朗々と謡われるのです。
あちらの次世代を担う人々は異国の文化も大変熱心に学ばれるので、こちらも熱が入ります。能以外にも日本の伝統文化を一通り体験して帰られるとの事。
こんなところにも今の中国の勢いを身近に感じたりしますね。
あー言葉が話せたらもっと沢山のことが伝え合えるのにと、ちょと残念でした。
2時間のワークの最後に是非中国に来て能を紹介して欲しいといわれ
とても嬉しかったです。
客人の日本滞在が良い時間になるよう祈りたいと思います。

http://www.ne.jp/asahi/endows/page/

ゆめりあホールワーク

今週は打ち合わせやら稽古で、ある意味少しゆったりです。遅くなりましたが、
6月2日のゆめりあホールでのワークショップのDMを参加者に発送しました。
最終回はステージが少し小さいので、舞台に上がってのワークショップはなしです。
その代わり客席で謡を謡って頂く予定です。
琵琶の荒井さんがする「耳なしほういち」は御存知<小泉八雲>の怪談として有名ですが、
琵琶演奏で聞くのは私も初めてで楽しみです。
薩摩琵琶のうたいは能の謡いに似ていいる強さがあり、迫力がありますね。
当日は平家物語にちなんだ曲の仕舞を琵琶演奏入りでしたいと思います。
お楽しみに。
詳細はhttp://www.ne.jp/asahi/endows/page/へ

夏の扉

怒涛の一週間が過ぎました。
こう催しが続きますと「はて、昨日は何をしてたか?」と思い出せなくなってしまいます。(←わたしだけ?)
一週間前のことが遠い過去のように思えます。少し頭が病んでいるかもしれません(笑)
以前、われながら心配になり人間ドックに入った際に、頭のCTスキャンを真面目に撮ってもらたことがありましたが、
「異常ないですよ、外科的には(笑)」とお医者さんにいわれ、以来、安心はしてるんですけどね。
能楽師は、舞台では無本なので、曲を覚えるために記憶力との戦いがあります。
覚えては忘れ覚えては忘れの繰り返しです。
きっと他の事が覚えられないのは、そのせいです(と、言い訳)
さて、昨日の雷雨とうって変わって本日は晴天でしたね。
いよいよワンダフルな夏がやって来ます。
というわけで、今年の目玉「美しき夏の夜の幻」の公演をどうぞよろしく御願いします。



連休明けも休みなし

GWはいかがでしたか?
私は後半から公演リハ稽古などの参加で
鞍馬天狗身延定家杜若大江山杜若恋の舞羽衣和合隅田川菊慈堂鞍馬天狗と続きまして
太りかけた体重も元に戻りました。
昨日練馬区のアンコールという会報誌に6月2日の琵琶と謡曲のワークショップの宣伝が載りました。
7月の公演前の最後のワークショップです。
今回は琵琶の「耳なしほういち」がなんといっても楽しみの一つです。子供のころ夏の会談話として聞かされたあの物語が琵琶法師の語りになるとさぞや迫力があるのではないでしょうか?このほか謡曲のワークと仕舞な平家物語にちなんだものをいたします。御期待下さい。
詳しくはホームページの公演情報で。http://www.ne.jp/asahi/endows/page/

子供の日

昨日は秋川キララホールでの公演に参加。シテは中所宣夫師。鞍馬天狗白頭。平家の御曹司達の役で、始めに子方の花見稚児がぞろぞろと登場するこの曲は子供の日にぴったりの趣き。初めて舞台に上がる少年少女がなんともかわいらしいいのが、見せ場のひとつになっています。地元の小学1年生くらいからの子供達の元気一杯の晴れ姿でした。
ちなみに白頭(はくとう・しろがしら)とは小書き(特殊演出のなまえ)のことで、天狗のいでたちが白い毛の頭になり、位も重くなってどっしりとした演出で地謡にも緩急がつきます。面装束もそれにあった大天狗の風体になります。
昨日はGW中盤で車の移動が心配でしたが、生き帰りとも順調で緑多い秋川周辺のドライブが心地よかったです。さて今週は、横浜能楽堂での鎌倉能舞台公演と矢来能楽堂での九皐会定期公演と続きます。GWに是非お越し下さい。
twitter
ギャラリー
  • 喜久謡会二十周年記念大会終了
  • 喜久謡会20周年記念大会 書き足し
  • 御礼九皐会別会
  • 御礼九皐会別会
  • 喜久謡会二十周年記念大会
  • 新年会
  • こいつぁ春から
  • 謹賀新年
  • 年忘れ
  • アメイジング富山
  • アメイジング富山
  • 上越に来ました。
  • 宮崎に行ってました
  • 宮崎に行ってました
  • 宮崎に行ってました
  • 宮崎に行ってました
記事検索
月別アーカイブ