能楽夜ばなし

能楽師遠藤喜久の日常と能のお話

所沢ミューズワークショップ開講 感謝を込めて

所沢ミューズ能楽ワークショップが、今年も始まりました。
早いもので14年。
本ワーク、ブレワークを合わせれば累計800名以上の方々と「触れてみよう能の世界」と題してワークショップを通じて共に汗を流しながら能の紹介を重ねて来ました。

初日の昨日、小学三年だった子供たちが、立派な青年になって訪ねてきてくれました。
私の背をはるか越して見上げるようになってしまった青年たちが眩しかったです。

このワークショップは、立ち方やスリ足の一歩から練習を始めるので、一日夜まで指導をすると私の腿や脹脛もじんわり筋肉が震えてきます。
歳とは言いたくないのですが、14年前とは流石に私の身体も違うなと内心苦笑しながらの初日でした。

この大劇場も今年の暮れには改修工事で一年以上閉館致します。
思えばこの14年、この劇場と共に過ごして来たように思います。
嬉しい事楽しい事が沢山ありました。

そしていよいよ改修前最後のワークの夏を、劇場と関係者並びに参加して下さった全ての方に感謝を込めて勤めたいと思います。

今までで最高のワークにしたいと思います。

8月26日には、仕舞ワークショップの参加者の発表会が、公演一部に予定されてます。
参加者を美しい舞姿に整えてご披露したいと思っています。

また、今回の公演の解説講座では、会場の皆様にも謡曲の指導するなど、久しぶりに私がマイクを持とうかなと思っております。
 
能は小鍛冶を予定しております。

能楽堂とは違う音楽ホールでの催しですので、気軽にお越し下さいませ。

なお、劇場では、八月に行う子供能楽体験講座の参加者を募集してます。
謡いや仕舞を習うだけではなく、能面や装束や能のお話など、楽しみながら子供達と過ごします。
最終日は、学んだ事の発表や公演鑑賞がセットになっています。
子供達の貴重な夏のひと時を、是非、所沢ミューズでお過ごしいただきたいと思います。

詳細は劇場ホームページご覧下さいませ。




御礼九皐会

36789936_1001715659994998_3416741664738246656_n

36871310_1001735673326330_2964518545188192256_n

7月定期公演終了しました。
ご来場賜りましてありがとうございました。
駒井カメラマンの速報画像をいただきましたので、upしておきます。

翌日も、一門の夏恒例の歌仙会が一日あり(非公開の玄人だけの舞囃子の稽古会)厳しい二日間がなんとか終わり、次はいよいよミューズワークショップが今週から開講です。
これまた、大変ハードな練習が続くので、ここでまた受講生と共にしっかり身体を鍛えなおしながらこの夏を過ごしたいと思います

なお、8月26日は、所沢ミューズの「触れてみよう能の世界」という催しの中で、能「小鍛冶」上演予定です。
初心者向きの気軽な催しですので是非ご来場くださいませ。

七夕

明日は七夕。
とはいえ先日までいた九州方面から六県にまで大雨特別警報がでまして、とても心配です。
天候の回復と皆様の無事を祈るばかりです。

明後日の九皐会定期公演の申合せが終わりまして、いよいよ本番です。
鵜飼という曲は夏の曲ですが、
伝え聞く遊子、伯陽は月に誓って契りをなし、夫婦二つの星となるという台詞があります。

これは七夕伝説の一つで、夫婦は月を愛で、やがて牽牛と織姫の二星にとなったという故事を引いています。

しかし鵜飼の老人は、月を嫌い、漁のために闇夜を喜ぶと語るのです。

暗闇に灯火一つ。

その火は、漁の為の炎ですが、それはもしかしたら闇に落ちた男の、微かな心の灯火なのかも知れません。

鵜舟に灯す篝火の、消えて闇こそ悲しけれ

もしその火が消えたら、真の闇がやって来ます。

他の能の中で、亡者の持つ杖と同じように、この松明もただの松明ではないのだろうと思います。

そんな事を思いながら、明るい能楽堂ではありますが勤めたく思います。


後半は地獄の鬼、閻魔も演じますので、二役で力が入ります。

そして、魂の救済。

気持ち良く終われますよう

精一杯勤めさせていただきます。

どうぞ宜しくお願い致します。

お客様で行きたい

IMG_2853
本日は日本橋室町コレド2と地下つながりの水戯庵の舞台。
ここは、超贅沢な空間でした。

これ水戯庵のホームページとかでも、その贅沢な空間の雰囲気がもう一つ伝わらないかも。
最前列なんて、本当にお大名気分になれるのではないかな。広い応接間でゆったり舞を見るという感じですかね。

食事があるので、料金が普通の能公演と比べると高いのですが、能公演を観に行くというのとは少し感じが違うような気がします。
伝統芸能を楽しみながら、美味しく贅沢で豊かな時間をファーストクラスに過ごすというのかな。

しかも50席ほどしかないのですが、それが埋まるわけでわないようで、今日もお殿様とお姫様の為に舞を舞うという御前能という趣きでした。
なんと贅沢な。
映画に出てくるヨーロッパの宮廷サロンの日本版みたいな感じですかね。
しかも、涼しくて快適。
真新しい豪華なソファーやラウンジ。
これは、絶対お客として行きたいと思いました。
誕生日とか友人の祝事なんかにも良さそうです。
外国の方をお連れするのには、最高ですね。絶対喜ばれます。
伝統芸能とお食事をプレゼントとか、素敵過ぎる。

今度、変装して、お客で行こうと思います。舞台に近すぎて、すぐ顔がバレてしまいそうだから(笑)

本日夜も出演します。
次の出演予定は今のところないので、
時間のある方は是非今夜どうぞ。



敬天愛人

再び九州出張に行って参りました。

文化庁の学校公演事業で、今回は財団法人鎌倉能舞台さんのお仕事に参加。

宮崎から延岡に入り、さらに鹿児島、徳之島と回りました。


ちょうど今、大河ドラマで放映されている西郷どんの舞台と重なり、いつも楽しみに見ておりますので、まずは鹿児島公演の後、幕末の志士たちの史跡に立ち寄りました。

IMG_0933

IMG_0955西郷どんと大久保さんの衣装を貸してくれました。桑田君が西郷どんに見えます。

この鹿児島市内のまさに今で言う同じ町内会から日本を動かす英傑が次々に誕生したのはとても不思議な気がしました。

薩摩藩の郷中教育という、先輩達が後輩を教える特殊な教育法が功を奏したようですが、西郷さんや大久保さんを指導した名もなき先輩達がきっと素晴らしかったのだろうと思います。

能の内弟子修行も似たようなところがあるなと思いました。


市内には大河ドラマ館や維新ふるさと館など、幕末の志士たちの活躍を楽しく学べる場所があり、史跡が点在する歴史ロードという小道にも最新テクノロジーを駆使したパネルがあって、歩きながらスマホで動画を見て学べるシステムはなかなか楽しかったです。

夕方のほんの一時でしたが、鹿児島を満喫しました。大河ドラマから今後も益々目が離せなくなりそうです。

IMG_09803D?動画が見れる優れもの。

IMG_0976大久保さんの史跡は他にも大きいのがあるようです。
FullSizeRender


IMG_1055西郷隆盛記念碑


IMG_1068朝一晴天。



天敬愛人


西郷さんが好んで使ったと言われるこの言葉。

敬天愛人とも言うそうですが、

今回の旅で一番心に残りました。


西郷さんは、何度か島流しにあっているのですが、その流刑地の一つ。徳之島での公演もありました。

美しい自然に囲まれた島の景観に感嘆し、牛に跨った少年に出会ったりと、旅から旅の長い移動の間も楽しかったです。




IMG_1133


西郷さんはさらに遠方の沖永良部島に流され、徳之島からも遥か水平線にぼんやりと島影が見えましたが、こんな辺境の地に流された流人が、再び歴史の表舞台に立つことが出来る日が来るとは、流された時は、本人さえも思わなかったのではないかと思います。



IMG_1117| 映画パピオンの孤島を思わせる断崖絶壁。でも美しかった。


大久保さん達の仲間の力も凄いですが、奇跡のような天の采配を感じました。


天の助けや人の助けで再び表舞台に戻った西郷さんは、天命を感じたことでしょう。

そして自然とこの言葉を語るようになったのかもしれません。


天を敬い人を愛するという言葉は、そのまま、天にも人にも愛された西郷さんをよく表していると思います。


かくありたいものだと、すっかり西郷さんの魅力にはまった今回の旅でした。

IMG_1024

IMG_1155


例により公演中の写真は全くないのですが、無事に公演プログラム終了。


いよいよ七月スタートです。

私は九皐会定期公演のシテや、所沢ミューズの恒例のワークショップも始まりますので、今年の夏もあまり休みなく頑張る予定です。


ミューズワークは、お陰様で今年も定員を超える沢山の応募をいただいたとの事、嬉しい限りです。

応募された方、頑張りましょうね。

どうぞ宜しくお願いします。



さて、すぐ間際ですが七月三日出演予定だった室町コレドの水戯庵能舞台。

お店のホームページに本日、出演者の名前がアナウスされましたね。

でも◯印。汗。


どんな事になるのやら。初めて行くのでよくわからないけど、頑張って来ます。


昼は美しい夕顔の女・半蔀、夜は勇ましい公達物・敦盛から舞う予定。

美味しい食事をしながら能を身近に感じていただけたらと思います。

内容など詳しくは、お店のホームページをご覧下さいませ。水戯庵


なるほどここは、席数が能楽堂と違い、とても少ないから少人数の貸切みたいな感じでとても贅沢に過ごせるようですね。

しかも舞台に物凄く客席が近い模様。

時間は短いようだけど、密度濃いかも。

ドキドキ。













告知

今月号の檜書店さんから出ている雑誌 観世の巻頭の写真ページ、観世グラフに師匠喜之先生の鷺と弘田さんの恋重荷の写真が沢山の観世流演者の写真に混じって掲載されていました。で、ツレの私も一緒に写っておりまして、ありがとうございます。


も一つ、国立能楽堂に来ましたら、国立能楽堂主催の夏休み親子で楽しむ能の会のチラシがありました。
喜正師のシテの土蜘蛛ですが、私は頼光をさせていただきます。八月四日です。

更に、今年で改修工事の為、一年あまり閉館する所沢ミューズの「触れてみよう能の世界」
これが今のキューブホールでは最後の公演になります。今年は小鍛冶を上演します。こちらはシテを勤めさせていただきます。
能楽講座形式の公演なので、解説やおまけも予定しております。
今年は久しぶりに私が思い切り喋りまくろうかな。
さいきん喋ってなかったですものね。
是非お越しください。
八月二十六日です。公演ページ

あと、直近ですが七月三日にコレド室町の水戯庵に伺う予定です。
お寿司美味しそうですね。
詳細など確定したら告知します。
話題のスポットなので楽しみです。
席によって値段が違うようですね。
6500円よりあるようです。
詳しくは直接お問い合わせ下さいませ。

最後に七月八日の観世九皐会の定期公演にて鵜飼のシテを勤めます。もう1番は、永島充君の班女。
どっちも面白い能です。
女物と男物でバランスがいいです。
お陰様でチケット完売の模様。キャンセル待ちだそうです。ありがとうございます。







観世九皐会巡回公演に行ってきました。

FullSizeRender
文化庁主催の、文化芸術による子供の育成事業として、観世九皐会の行う学校公演に参加して九州の学校に伺いました。

ひと月前、各学校にお邪魔して2時間ほどのレクチャーや体験を子供達と行なっておりまして、能や狂言の歴史や貴重な伝統芸能の魅力や実際の演技について学んでもらい、下地が出来たところで実際の公演を観賞するプログラムです。
のべ2日間に渡り能楽尽くしの体験教室です。

私は敷居が高いと言われる能・狂言も、子供の頃から鑑賞の仕方を学べば、とても楽しい最高の芸術だと思っています。
あれこれ想像しながら観るというのが、楽しく観賞するコツだと思いますので、子供達の豊かなイマジネーションを引き出すヒントを解説しています。
能狂言は、セットも照明もないので、空想する余地が沢山あります。そこが逆に大きな魅力だと思います。

事前レクチャーでは、まだ実際の舞台を観ていないのに、子供達は思い思いに物語や登場人物について、空想を楽しむ事が出来て、本番を心待ちにしてくれていたようでした。 

今回私が参加し担当させていただいたのは、福岡県にある二つの小学校でした。
各役出演者の愛あるご協力で全て予定通りにプログラムを実施することが出来ました。
子供達にとても楽しく観てもらえたように思います。
なんといっても迫力ある生の舞台を間近に観てもらうのが一番です。
東京公演と変わらないメンバーが行くわけですから良い経験になると思います。

また、教員の方やご父兄の方も、初めて能楽に触れる方が多く、手前味噌ながら有意義な時間になっていただけたのではないかと思います。
各校の先生方の熱意とご指導も素晴らしかったです。心より感謝御礼申し上げます。

これからいつくかのプログラムに参加させていただきますが、まずは上々のスタートでホッとしました。
ご同行の諸先生方、誠にありがとうございました。

帰京のご報告でした。




南から北へ

秋田に行ってきました。
稽古に行ったのですが、先月の秋田社中の国立能楽堂出演の成功を祝しての慰労会を盛大にしていただき、とても楽しいひと時を過ごしました。
ご同席の皆様、誠にありがとうございました。重ねておめでとうございました。

九州、秋田と長距離移動で流石にくたびれたのか戻って12時間も寝てしまった。

毎日こんなに寝れたら幸せだなあ。。人生の半分。寝過ぎか(笑)




身体は語る

ミューズワークショップの応募締め切りが近づいて来ましたので、ご案内します。

この10年で煎じ詰めて来まして、昨年書いたブログによく書いてありますので、こちらをご覧くださいませ。→身体は語る(昨年の記事)

書いてる事が難しそうな感じがしますが、やる事はそんなに難しくありません。
子供達なら1時間で覚えられる程度です。
大人だと、人によります。
繰り返し練習する事が大切です。

いつも姿勢を良くするのがコツですね。
美しさの基本は姿勢です。
それが出来れば、素敵な成果を得る事が出来るでしょう。

お申し込み、お問い合わせは→こちらから

今年の暮れから劇場改修工事なので、今の劇場では、これが最後。

今まで以上に楽しく熱い夏にしたいと思います。
応募お待ちしております。

日向神話

IMG_2466
IMG_2485
九州に出張して来ました。
また高千穂神社や天の岩戸神社に参詣。
思えば前回伺った時に御朱印集めを始めたのでした。

高千穂は緑が多く川も澄んでいて山々の自然が今も残るマイナスイオンが溢れる場所。
目に見えないエネルギーが満ちていて、こんな所なら神さまいるんじゃないかなと、昔の人も思った事でしょうね。

東京からは1200キロも離れてるので、気軽にドライブに来れる場所ではありませんが、いつかのんびり神々の伝説地を廻ってみたいとたいと思いました。

以前行った時の模様→こちらをクリック


twitter
ギャラリー
  • 御礼九皐会
  • 御礼九皐会
  • お客様で行きたい
  • 敬天愛人
  • 敬天愛人
  • 敬天愛人
  • 敬天愛人
  • 敬天愛人
  • 敬天愛人
  • 敬天愛人
  • 敬天愛人
  • 敬天愛人
  • 敬天愛人
  • 敬天愛人
  • 観世九皐会巡回公演に行ってきました。
  • 日向神話
記事検索
月別アーカイブ