能楽夜ばなし

能楽師遠藤喜久の日常と能のお話

御礼九月九皐会

昨日は九皐会ご来場ありがとうございました。
兄の野宮のシテの地頭をさせていただきました。
野宮は本当に名曲で、素敵な曲なのですが、二時間近くかかる演目なので、時節柄残念ながら感染症対策により時間短縮による演出変更がありました。
このところ地謡も4人地です。
客席も半分以下です。
これによってお客様には安心してご覧いただけたとも言えるので、昨日の段階ではこれが精一杯でした。

名曲といえど三番目物は長くて嫌というお客様もおられるので、あれで充分、もっと短い方がよいと言われるより、あの部分をもっと観たかった聴きたかった、もっと長い方が良いと言われる方が嬉しいのですが、昨日はいかがでしたでしょうか。


地謡としては、クセの詞章を省き、シテは、一部詞章や序の舞を少し詰めたので、バランス的には破の舞の比重が増えたかもしれません。これによって後半場面で六条の心乱れる内面性が、いつもより少し際立ったかどうか。そう観えたらよかったのですが。

野宮は同門だけでなく他家の名人の先生方と地謡をご一緒した時の耳に残る音の記憶が多い曲で、あんな風に謡えたらなと思っていた曲です。
場面場面、一行一行に微妙な息遣いや変化があり、瞬間瞬間のシテや囃子との感じ合うやり取り多い曲です。
またとにかく息の濃い演目なので、我知らず謡い手の内面的なものも滲むような感じがします。
終われば例により反省ばかりですが、また謡いたくなる濃厚な演目です。
次回こそは平穏な世の中でじっくり二時間超えで謡う機会があればと思います。

日付変わり本日は朝から別の舞台の撮影がありましたが、終わってみると、昨日息を絞り出して謡っていましたので全身の筋肉疲労。ロングブレスに近い感覚といえばわかるかな。毎日謡ったらきっと痩せられますね。

二十代の頃、父と三番目物の謡いの稽古をすると、無音で発声して息を吐きつづけるような、まさにロングブレスで息を鍛える稽古をよくさせられました。父は寿夫先生に能の稽古を受けていたので、その影響でひたすら息の稽古。その頃は何をやっているのか意味不明でしたけど、今は理解できます。声を乗せる基礎の身体作りだったわけです。

思い出話をもう一つ。
昔新潟長岡で父が能の会を毎年やっていたころ、先代の観世銕之丞先生がご出演くださり、その頃は父も毎月銕仙会に出演していたので交流があり野宮をお勤めいただきました。私はその時は駆け出しで地謡についてないので、客席で音の具合を見てこいと言われて、客席でシテの出を拝見していました。
すると例により美しく女が現れて謡出だすのですが、先生は独特のしわがれ声なのです。いわゆる美声という朗々とした声とは違うお声でした。
ところが何故かそれが美しい女の声に聞こえて来る。あれれ。おかしいぞ。しわがれ声なのにと、聴き直すと確かにしわがれ声なのに、どうしてもすぐに美しい女の声に聞こえて来るのです。狐に摘まれたような感じで目を見張りました。そこには確かに見たこともない美しい女がいて、その息遣いや能役者の身体がそう見せる。いやいやそんなはずわないおかしいぞと思う刹那、やっぱり可愛らしい女になる。なんなんだコレはと目を見開きました。これが芸なのか!と若い私には衝撃的な舞台でした。
後でその謎を解明そようと父から記録映像を借りて何度も見ましたが、当時の解像度の遠くからの記録映像では秘密は分からず。生で感じたあれは一体なんだったのだろうかと。父に聞けば、名人の芸、名人の息遣いとはそういうものだと答えるばかりでした。
深く記憶に残った舞台でした。

さて九皐会では、来月の10月公演の自然居士のシテと11月1日に公演が決まりました新演出能 聖剣伝説2という、タイトルだけでも楽しそうな舞台が続きます。
そのほか、再開してきた舞台が目白押しで、準備に追われる毎日になってきました。
しかし、コロナだけでなくインフルエンザも来そうなのでまだまだ油断せず、日々慎重に勤めて参りたく存じます。

皆様もどうぞお元気で。






自然居士じねんこじ 10月11日九皐会例会第一部

IMG_8199
IMG_8200
10月11日日曜日12時30分開演
神楽坂矢来能楽堂にて、九皐会定期公演があります。
私は第一部の能「自然居士」のシテを勤めます。
じねんこじと読みます。
世阿弥の父、観阿弥作。
仏法を大衆に説く若き説教師が、雲居寺造営の為の説法を7日間に渡ってしていた。
今だってアイドルが7日間のコンサートなんか、なかなか出来ないから、さぞや人気のある説教師だったのであろう。
そこへ亡くなった親のために追善供養を頼みに来た少女がいた。見れば綺麗な小袖を持っている。これをお布施するので頼むという。
しかし、少女を追って来た人商人(人を売り買いする中世にいた商人)が女の子を引き立てて連れ去った。少女は、自らを売ってその小袖を手に入れたのだった。
自ら売ったのでは人商人にも一分の道理があるが、このまま見過ごせないと意を決し自然居士は7日満願直前の説法を取りやめて、少女救出へと向かう。

自然居士は、半俗のお坊さんだから武力で取り返すことはしない。問答と芸尽くしで人商人に立ち向かう。

幽玄な能とは違った、現代のお芝居のように次々に物語が展開する写実的で筋が分かりやすい面白い能です。

能の中のヒーローですね。
どうぞお楽しみに。
チケットは、観世九皐会事務所にお申し込み下さいませ。
どうぞ宜しくお願いいたします。




触れてみよう能楽の世界

IMG_8068
お陰様で、第15回触れてみよう能楽の世界は、無事に終了しました。
ご来場のお客様、劇場スタッフの皆様、ご出演の皆様。誠にありがとうございました。

ようやく、ここまで来たなと。

雷様の曲ではありましたが、黒雲から晴れ間がさす思いでした。

感染症対策のガイドラインにより、いつもとは違うスタンスでの公演でしたが、劇場にお越しいただいたお客様をはじめ、万全の感染症対策で公演を催してくださった関係者のご尽力に心より感謝申し上げます。


本日の雷電は替装束にて勤めました。
日頃後見の多い私ですが、今日の後見は大変だなと、何かと気遣いをさせて申し訳なかったと感謝した次第です。

ようやく秋から少しづつ舞台が戻ってくる気配です。
とりあえず手帳は稽古も舞台も埋まってるですが、これがそのままやれることを祈りながら、コツコツと進んでゆきたいと思います。
ともかくも本日は誠にありがとうございました。


今回、感染症対策で、ごく少ない人数のお客様にだけしかご覧いただけなかったのですが(事情を知らないお客様がいらしたら、あまりにガラガラでさぞ驚いたと思いますが、あれで席は完売でした。)
ミューズでは、1月9日、もっと広い中ホールでの公演をいたします。
こちらは、本日からチケット発売!
今のところまだ全客席を埋めるわけにはいかないそうで、半分のお客様のみとか。今後の状況次第だそうです。

曲は、土蜘蛛。そして、お正月らしく、めでたい神歌と、狂言宝の槌。
厳かで楽しく、そして痛快な舞台です。
是非、新春公演にお越し下さいませ。
席数に限りがありますので、早めのお申し込みをお待ち申し上げております。
EPSON025







虫干し

昔は8月は催しが少なく、この時期に片付けや整理の時間に当てていました。
これは夏は装束に汗が移るからですが、昨今は、冷暖房もありますし、夏のイベントも増えて忙しくなりました。
しかし、今年は催しが少ないので、ちょうど良い感じで先週九皐会の虫干しに手伝いに参りました。

夏は、どこの家も虫干しと点検をやるのが恒例行事で、これは今もなさっているところは多いと思います。
九皐会は、今年別館スペースが出来ましたので、恒例の虫干しと点検を先週しまして、無事に済みました。

私の若い頃は、内弟子さん中心に数名で1週間かけてやっていましたが、今は装束小道具も数千点に増えましたので、皆代わる代わる手伝いに行っております。
かれこれ私もはや手伝って35年以上になりますが、ようやく少し、装束の良し悪しや、面や道具の良し悪しも違いを肌で感じるようになりました。
後見で人につけても、自分が着ても、一瞬の感触でわかりますね。良いものは、いいねコレと。

昔の絹装束や小道具は、とにかく仕事が丁寧で、これを今再現するのはとても難しいと感じます。
仕事への意地とか情熱みたいなものを凄く感じます。
材料も違います。そして技術やセンスや知恵が素晴らしい。

昔の仕事は、コストとかではなくて、無心に手間暇かけて作っていた感じがするのですね。
それでも食べていけたと言われれば、それまでなんですが、綺麗なものを作りたい、いい仕事がしたいという物作りのこだわりを感じます。
今は職人も減り、材料も手に入りにくい時代になりました。

100年200年と経年したものは、生地も部品も擦り切れて痛ましいのですが、それでも今はもう手に入らない糸であり染料彩色であり、材料であり、細やかな仕事が唯一無二の希少な価値を感じさせます。

戦争地震大火のあったこの日本で、よくぞ守られていたなと、その度に避難をさせた先人の苦労を改めて思い敬服いたします。
こうしたものを身につけて舞台に立てるというのは本当にありがたい事だと思います。

こんな事をつぶやくと、年取ってきましたねと、後輩に突っ込まれますが、しみじみとそんな事をお盆の時期に感じました。

亡くなった先輩達から寄贈された装束や、何十年も前に先輩方が手をかけて作った小道具とか、タトウ紙に書かれた文字とか、その紙の修繕具合とか、装束を繕った跡とか、先輩方のその時の感じや思いが今も息づいています。それを畳みながら、先輩方の思い出話をしたりするのも恒例の事です。

理屈とか合理性とかとも違う、こうした感覚を、時代が変わっても新しく入ってきた若い方にも想像して感じてくれるといいなあと思います。
少なくとも我々の世界には、言葉に出来ない、あえてしない感覚的な事は、とても大事だろうと思います。

私は例年、虫干しは埃除けに頭にタオルや帽子、メガネ、マスクや覆面という大掃除スタイルなので、今年は特に、対策的にもふさわしい装備でした。
また、装束を扱う時は、油や汚れがつかないように頻繁に手をよく洗うので、それも時節柄よかったです。
また舞台や楽屋など敷地全部を広々と使って黙々と各個に作業するので、終わってみれば、いつも通りで事済みました。

さて、今週末はミューズの触れてみよう能の世界です。チケットはお陰様で完売しております。

FullSizeRender
無事に行きますように。
どうぞよろしくお願いします。





2021年1月9日新春能チケット発売のおしらせ

EPSON025


所沢ミューズさんから、来年の新春能のチラシが届きました。
8月23日から一般発売が始まります。

先日告知した新潟りゅーとぴあ能楽堂公演は、なんと発売初日に完売とびっくりでしたが、こちらの催しは航空公園にあります大劇場、所沢ミューズのマーキーホールという、大きなホールでの公演です。
最初に、観世喜正師による神歌で新年の寿ぎが行われ、そのあとは、善竹十郎親子と大蔵教義師による狂言「宝の槌」。そして大人気の能「土蜘蛛」です。

来年の事をいうと鬼が笑うといいますが、来年こそは本当に笑って新春を迎えたいと思います。
是非、お友達お誘いの上、お越しくださいませ。申し込みは、所沢ミューズへ直接お願致します。



さて、今月の私の出勤の九皐会4月延期公演と横浜能楽堂公演、そして昨日の矢来能楽堂観世九皐会8月公演と、はや3公演無事に終了しました。
お客様にも、なにかと感染症対策にご協力をいただきまして誠に有難うございます。
このところの落ち着かない状況にも関わらず、どの催しも盛況で、温かい応援をいただき大変ありがたく存じています。

今月は、所沢ミューズキューブホールでの触れてみよう能楽の世界もありますし、無事に当日を迎えられることを祈るばかりです。

今月の本番は、観世喜正師の舎利の地頭、同じく喜正師の蟻通の副地、そして仕舞や雷電のシテと、週替わりで大役が続いておりまして、なかなか気が緩みませんが、心して勤めたいと思います。
どうぞ宜しくお願いいたします。


EPSON026




九皐会 延期公演

IMG_7905
本日は延期になっていた九皐会4月定例会の延期公演でした。第一部に出演。冒頭仕舞を舞わせていただきました。この仕舞、中止になった三月公演で舞う予定だった能 盛久の仕舞。能だと90分近い大曲なのですが、仕舞は、物語の一番最後の最後の部分で、とても短い仕舞となっております。
これで三月の舞台の胸の支えが取れたとは思えませんが、いつか必ずと、リベンジを改めて誓ったのでありました。

今日は八月ということで、新調の麻の紋付にて勤めさせていただきました。
麻ものは手入れが大変ですが、やはりこの時期の着心地は抜群です。軽く涼しい。
寸法もよく、この夏まだまだ出番がありそうです。感謝。

今日は、1部は、佐久間君の清経。2部は永島さんの菊慈童でした。
来週は、もともと予定されていた8月公演定期と続きます。
観世喜正師の蟻通の地歌に入ります。
またどうぞよろしくお願いします。

新潟りゅーとぴあ公演情報

りゅーとぴあ能2020
10月17日新潟県新潟市にあります大劇場、りゅーとぴあ能楽堂で行われる秋の能楽鑑賞会のちらしが送られてきました。
8月4日から劇場会員先行発売、8月7日から一般発売です。
狂言は野村萬斎さん。能のシテは兄・和久と私のダブルキャストで勤めます。
来年新春にも所沢ミューズさんでも土蜘蛛がありますが、病魔退散ということで、このところ上演頻度が上がっております。
源頼光が病魔におそわれるところから物語が始まるのですね。
子供から大人まで楽しめる華やかでわかりやすい作品ですから大人気です。
学校公演でも演じることが多く、幾度もシテをさせていただいております。

劇場は今のところ、新型コロナウイルス感染症対策として席数を半分にして販売のようですから、お近くの方は是非お早めにご予約下さい。
チケットの申し込みは、インターネットより新潟りゅーとぴあへお願いします。→りゅーとぴあのページ

九皐会定期公演再開

IMG_7768
IMG_7766

昨日は、二月以来、実に5ヶ月ぶりの九皐会定例会の再開でした。
ご来場賜りましたお客様には、心より御礼申し上げます。
誠にありがとうございました、

コロナ禍の感染症対策で臨んだ今までとは違う公演。様々な対策を議論し施しながら演者もスタッフも、今までとは違う行動や様式。昨日も、客席は100席以内。
入替時は、全客席をアルコールで拭き直し、お客様には消毒やマスクの着用を願うなのどの対策にご協力いただいての公演。

そんな中、お客様には、久しぶりの舞台を楽しみにお越しいただきました。

幕横からお客様の入る客席を見た時は嬉しかったですね。本当に。

昨日は席を空け隣にお客様のいない配置の客席で、換気休憩を入れた1公演全体で約90分程度と長くならないようにして、能一番をメインご覧いただいた舞台でした。

昨日の千手のシテは長山耕三君。
私は、この千手郢曲ノ舞の重衡を勤めました。

今年の春に父上、長山禮三郎師は他界され、申合せの後、いつもご注意をいただく大先輩のいない楽屋。
ご存命ならば、どうご注意をいただくだろうかと自問自答していました。

「よっちゃん、そこはもっとしっかり品よく謡うんだよ。」
そんなお言葉が聞こえたような気がしました。

今年は、五月に鎌倉さんで千手のシテを勤める予定がコロナ禍で中止になっていたので、昨日の舞台で少し胸のつかえが取れたような気がしました。

なんとか無事に終わり、少しホッとしました。


七月も催しはほとんど無くなりましたので、本格的な再開は八月以降かと思いますが、まずは最初の一歩を踏み出し、次へと繋げていきたいと思います。

お客様からのご意見も聞かせていただければと思います。
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

誠にありがとうございました。





4ヶ月ぶりの申合わせ

いよいよ明後日九皐会7月公演です。
本日は実に4ヶ月ぶりの矢来能楽堂の申合せ。
昨日の夜は、子供みたいに寝付けませんでした。
緊張なのかなんなのか、なんとも重苦しく目だけは冴えてしまい、近所の飲み屋街で、明け方近くまで騒ぐ酔っ払い達の歓声が聞こえてきて、寝付けずに難儀しました。


今日の申合せの合間は、様々な感染対策のレクチャーを受けたり、消毒の仕方を習ったり、いつもと違う1日。
楽屋での行動に至るまで、今までとは違う気を使っての公演になります。

事務スタッフだけでなく、今後は九皐会演者も様々感染症対策の手伝いしながら頑張って参ります。

今日の申合せを見ている出番待ちの玄人も、三密を避けていつもと違う席にバラバラに座り、私が舞台から見る客席の景色もいつもと違い、そのちょっとした違いに戸惑いました。

お客様も最初は、この新しい様式に慣れるまで少し戸惑われるかもしれませんね。

お客様にも、ご意見をいただきながら、良い方向に向かうことを念じています。

ともかくも明後日は、私は重衡の大役ですから、それに集中して臨みたいと思います。

どうぞ宜しくお願いいたします。


完売御礼。第15回 触れてみよう能楽の世界

FullSizeRender

8月23日の所沢MUSEさんでの公演。
所沢MUSEさんのホームページに、はや完売御礼が出ました。
現状では、劇場利用の指針に則り、客席を半分に減らしての公演との事で定員が半分。今後の社会の動向で緩和されるかどうかとのお話でした。

客席半分とはいえ、今年は例年以上に早いタイミングでの完売で大変ありがたく思うと共に、身が引き締まる思いです。
チケットを早くからお求めいただいたお客様、本当にありがとうございました!
とても嬉しく元気をいただきました。

この催しは、能の前に私が、お話や解説で最初に舞台に上がるのですが、今、お客様の前に出たら嬉しくて泣いてしまうんじゃないかと。
想像するだけで震えます。

来月がら徐々に舞台が戻って来ますので、一つ一つ一生懸命勤めて参りたいと思います。
またどうぞよろしくお願い申し上げます。


twitter
ギャラリー
  • 自然居士じねんこじ 10月11日九皐会例会第一部
  • 自然居士じねんこじ 10月11日九皐会例会第一部
  • 触れてみよう能楽の世界
  • 触れてみよう能楽の世界
  • 虫干し
  • 2021年1月9日新春能チケット発売のおしらせ
  • 2021年1月9日新春能チケット発売のおしらせ
  • 九皐会 延期公演
  • 新潟りゅーとぴあ公演情報
  • 九皐会定期公演再開
  • 九皐会定期公演再開
  • 完売御礼。第15回 触れてみよう能楽の世界
  • 6月5日発売 第15回触れてみよう能楽の世界
  • 六月九皐会主催公演の中止案内
  • ご無沙汰をしております本日の千手公演は中止です
  • 雑誌 観世4月号
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

nohgakuhanabutai

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ